華原朋美
※画像は華原朋美の1stアルバム『LOVE BRACE』より

平成はプロデューサーの時代である、というのはよく言われる話だ。確かにつんく♂や秋元康など、特にアイドル好きではなくとも世間に知られているプロデューサーは少なくない。昭和にも同様のプロデューサーがいなかったわけではない。代表的なのは、作詞家の阿久悠だろう。現在のアイドル文化の原点とも言える日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』。そもそもこの番組を企画したのが放送作家でもあった阿久悠であり、阿久はこの番組が輩出したアイドルの歌う曲の作詞だけでなく、アイドルとしてのトータルなコンセプトを考え、イメージ戦略を立てもした。その最大の成功例が、ピンク・レディーである。


おおたしょういち

太田省一

 1960年生まれ。社会学者、文筆家。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビと戦後日本、お笑い、アイドル、ネット動画など、メディアと社会・文化の関係をテーマに執筆活動を続ける。著書に『木村拓哉という生き方』『中居正広という生き方』『社会は笑う・増補版』(すべて青弓社)、『SMAPと平成ニッポン』(光文社)、『ジャニーズの正体』(双葉社)、『マツコの何が“デラックス”か?』『芸人最強社会ニッポン』(ともに朝日新聞出版)、『紅白歌合戦と日本人』『アイドル進化論』(ともに筑摩書房)など。

EX大衆 2020年11月号

EX大衆 2020年11月号は
絶賛発売中!購入はこちら