Perfume
※画像はPerfumeのシングル『ポリリズム』より

(前回の続き)ただし、華原朋美に対する小室哲哉のようにファン気質が強すぎて愛情過多になってもプロデューサー業はままならない面があるだろう。アイドルファンの気持ちをなくしてはならないが、一方でアイドルへの醒めた感覚、ひいては理想のアイドルを創造して世に問うてみたいという野心もプロデューサーには必要だ。中田ヤスタカによるPerfumeのプロデュースには、そうした面がより濃く感じられる。


おおたしょういち

太田省一

 1960年生まれ。社会学者、文筆家。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビと戦後日本、お笑い、アイドル、ネット動画など、メディアと社会・文化の関係をテーマに執筆活動を続ける。著書に『木村拓哉という生き方』『中居正広という生き方』『社会は笑う・増補版』(すべて青弓社)、『SMAPと平成ニッポン』(光文社)、『ジャニーズの正体』(双葉社)、『マツコの何が“デラックス”か?』『芸人最強社会ニッポン』(ともに朝日新聞出版)、『紅白歌合戦と日本人』『アイドル進化論』(ともに筑摩書房)など。

EX大衆 2020年11月号

EX大衆 2020年11月号は
絶賛発売中!購入はこちら