距離感のゲーム

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 アイドルに興味を持ち、好きになることは「距離感のゲーム」に参加することだ。

 ファンにとって遠くて近くもあり、また近くて遠くもあるアイドルとどのように距離を詰めるか、あるいは逆にどのように距離をとるか。そのなかで味わうあらゆる喜怒哀楽こそがファンの醍醐味だ。

 そしてプロデューサーがそんなアイドルとファンの関係に割り込んでくるとき、ファンが味わう喜怒哀楽はいっそう複雑なものになり、それゆえ深みのあるものになる。アイドル、ファン、そしてプロデューサーの“三角関係”は平成のアイドル文化にとって必要不可欠なスパイスなのである。

【関連記事】

・佐藤聖羅「たわわなお姉さん」元SKE48のGカップボディ【写真9枚】

・三田寛子「未来の人間国宝」の嫁は80年代最大の勝ち組!?

・指原莉乃「HKT48を卒業します」突然の発表に衝撃走る!【写真16枚】

・欅坂46菅井友香、高畑充季、葉加瀬マイほか、芸能界の“お嬢様”アイドルたち

・樹智子「過激すぎる」元G☆Girlsが1stDVDで大開脚!【写真6枚】

平成アイドル水滸伝