●【2日目・昼公演/75〜51位】
隠れた名曲ぞろいのカップリング曲がランキングを席巻

【写真】AKB48リクエストアワードで『47の素敵な街へ』が1位を獲得!【写真29枚】

卒業したメンバーのポジションを誰が務めるかというのも、リクアワでの注目ポイント。渡辺麻友のソロ曲『純情ソーダ水』を高橋彩音が、島田晴香が公演の前座で初めて披露しその後さまざまなメンバーが歌い継いできた『ロマンスかくれんぼ』を大森美優が、それぞれ歌唱。先輩楽曲が継承されていくAKB48グループを象徴する場面となった。

 この公演でランキングしたシングルタイトル曲は、55位の『ジャーバージャー』のみ。その他は、ほぼシングルのカップリング曲が占めた。

 なかでも異彩を放っていたのが、67位にランクインした、テレビ番組の企画と連動した楽曲『池の水を抜きたい』。タイトル通り、池の水を抜く作業着姿でのパフォーマンスとなり、センターを務める大家志津香は「衣装もこんなですし……アイドルの曲としてはすごい歌詞。でも、(センターとして歌うことができて)じんときました。うれしいです」と語っていた。

 リクアワで常に上位争いに加わってきた、SKE48の須田亜香里谷真理佳松村香織の3人ユニットによる『恋よりもDream』は、60位。順位は落ちてしまったものの、卒業を控え結婚したいと公言している48グループ最年⻑の松村が「婚活してます! 旦那さんお待ちしてまーす!」と宣言するなど、毎年リクアワを盛り上げてきた名物ユニットらしく賑やかなパフォーマンスを見せていた。

 また、楽曲の合間には、久保怜音がステージや舞台裏をお散歩し、メンバーやスタッフと触れ合う自由すぎる内容の「さと散歩」などの企画も行われた。

●【2日目・午後公演/50〜26位】
ランキングとともに多彩なMCコーナーも盛り上がり!

 50位・SKE48の『奇跡の流星群』でスタートし、この公演からランキングも折り返し。

 オープニングMCでは、今年の春に船上劇場が完成予定のSTU48メンバーが、劇場公演での心構えをSKE48メンバーに質問。薮下楓から「ファンの方との距離が近い劇場でどんなところに気をつけていますか?」と質問され、高柳明音が「ひとりひとりの顔を見ることがポイント」と伝授したものの、最前列のファンの方と目が合うと「やっぱり何年やっても(距離が)近いと照れますね」と顔を赤らめていた。

 また、瀧野由美子からは須田亜香里に「写真集を出してみたいけど、どうしたら売れますか?」とパンチのきいた質問が飛び、須田も「私の写真集が売れてないのを知ってて聞いてるでしょー?」と苦笑しながら「写真集を出すことよりも、売れることを目標にした方がいい!」とアドバイスを送って、会場の笑いを誘った。

 AKB48矢作萌夏は、宮崎美穂が務めていた「みゃおの部屋」を引き継いで「もえかの部屋」と題したトークコーナーを展開。じゃんけん大会でタッグを組んで距離が縮まったという峯岸みなみをゲストに迎えたものの、噛み合わない破茶滅茶なトークを繰り広げた。

 さらに「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」(TBSチャンネル)で優勝したSKE48野島樺乃が登場し、『桜の木になろう』をアカペラで披露し、伸びやかな歌声に会場の観客だけでなくメンバーからも大きな拍手が送られた。

 昨年のリクアワで第3位にランクインし、大きな話題となったNGT48研究生の楽曲『下の名で呼べたのは…』が34位で発表されると、会場からはどよめきが起こったが、浴衣姿のメンバーは2年連続のランキングに晴れやかな表情で感謝のパフォーマンスを見せていた。

 昼公演最後の発表となる26位には、女性人気の高いメンバーで構成されたNMB48のユニット<Queentet>の楽曲『Which one』がランクイン。この昼公演では、唯一のNMB48ランクインとなり、太田夢莉は「投票してくださったみなさん、ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。昼公演は、25曲中10曲をAKB48楽曲が占める結果となった。

【関連記事】

・脊山麻理子はSとMどっちにもスイッチできる!?【写真21枚】

・AKB48チーム8、⻑久玲奈が2月2日の卒業コンサート開催を発表!【写真28枚】

・AKB48チーム4ソロコンサートで「ダンス」をアピール!【写真8枚】

・AKB48チームB単独コンサートで「大家志津香が体力の限界」に!?【写真7枚】

・「多田京加の強運ぶり」がAKB48研究生単独コンサートで判明!【写真9枚】