松井玲奈「小説家の才能」をアイドルヲタ&書評家の大森望が絶賛して寄稿依頼!の画像

大森望の極楽アイドル沼 第6回

 松井玲奈の2作目の小説「ジャム」(小説すばる2月号)に度肝を抜かれた。松井玲奈って、こんなホラーも書くのか!? いやむしろ、今風に言えば、ホラーじゃなくて“ストレンジ・フィクション”か。日常の中に非日常が侵入してくるタイプだが、そのイメージがじつに独特。研ぎ澄まされた言語感覚が最大限に機能している。なにしろ、書き出しの一節がこう。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 僕のお父さんは一人じゃない。夜、仕事から帰ってくるお父さんの後ろには、真っ白な顔で洋服を着ていないお父さんが三人並んでいる。

 お父さんが増殖する話はそう珍しくない(!?)が、顔が真っ白で裸だという点がユニーク。しかも、「白いお父さんたちの歩いた後には、ナメクジが通ったみたいに濡れているのに、キレイ好きなお母さんはそれを拭こうとしない」という。

 語り手はこの家の一人息子で、小学生の健太。帰宅したときのお父さんは、三人だったり七人だったりするが、なぜか朝になると、いつもひとりに戻っている。

 この不思議な現象とともに、ご近所の家の庭に奇妙なオブジェが置かれはじめる。健太の家に出現したのは、台座に載った巨大な天使のオブジェだった。いったいなぜこんなものを庭に置くのか?

 ネタバレになるので詳述しないが、その意外な理由は、物語が進むにつれて明らかになる。そして、「ジャム」というタイトルの意味も……。

【関連記事】

・脊山麻理子はSとMどっちにもスイッチできる!?【写真21枚】

・高山一実『トラペジウム』を書評家にしてアイドルヲタの大森望はどう読んだか

・成宮アイコ アイドルオタクとひきこもりと服飾学生が一緒に泣いた日【連載第2回】

・tipToe.都塚寧々、新作の詩を公開!「三十五度九分の日々 第4回」

・Perfume「アイドル」と「アイドルファン」絶妙の関係性 平成アイドル水滸伝 第9回 華原朋美とPerfumeの巻~プロデューサーと平成女性アイドル【後編】

・川村ゆきえ、大城美和、本郷杏…北海道出身グラドルは“お騒がせ”気質!?