2位は小野真弓。消費者金融CMアイドル・ブーム(2002年~)の草分けにして、自慢の満面のスマイルでシーンを席巻。写真集やDVDはもちろんのこと、オリジナル曲のCDまでリリースしてしまったのだから(当時は熊田曜子やMEGUMIもリリースしたが)、その勢いは推して知るべし。82センチの微乳で小倉優子や山本梓らとともに、千葉の微乳トップ3として(笑)人気を分け合うことに。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 同県の微乳のトップが小倉や小野なら、巨乳のトップは根本はるみだ。2002年、シーンに登場するやいなや、103センチIカップの爆乳で人気が爆発。言わずと知れた、小池栄子、MEGUMIらに続くイエローキャブの看板巨乳グラドルであり、グラビアのみならずバラエティでもひっぱりだこになったのは周知のとおり。人気とは裏腹に、途中でフェードアウトしてしまった感もなきにしもあらずだが(現在は結婚してハワイに在住とか)、現在につながる爆乳シーンに与えた功績は計り知れない。

 2010年代に入り、AKB48勢のグラビア進出がめざましくなる中、見せ惜しみなしの傑作DVD『セキララ』シリーズ3部作で一気に頂点を極めたのが吉木りさ。当時は西田麻衣原幹恵佐山彩香らの王道巨乳勢がAKB勢に対峙する形になっていたが、AKB勢とほぼ同体型のボディで人気を博した吉木は、グラドルの奥深さをまざまざと見せつけてくれたものだった。

 小倉、小野、吉木、山本梓など、微乳勢の活躍が顕著な千葉県グラドルだが、ほかの顔ぶれを見ていただいてもわかるように、5位の夏目理緒、7位の小倉優香、8位の池田夏希、11位の二宮歩美、12位の小林ユリ、15位の染谷有香などなど、巨乳爆乳勢の活躍も見事というほかない。

【関連記事】

・脊山麻理子はSとMどっちにもスイッチできる!?【写真21枚】

・鈴木ふみ奈、葉加瀬マイ、野田彩加、永井里菜ほか、数々のグラドルを輩出したミスFLASHの功績

・綾瀬はるか、石原さとみ、新垣結衣ほか、人気タレントの登竜門「化粧品CM」出演に必要な要素は!?

・倉持由香、戸田れい、岡田サリオほか、ヒップをウリにするグラビアアイドルたち

・小倉優香が2位!「好きなグラビアアイドル」1位は誰だ!?