とはいえ、同県の人間にしてみれば、グラドル・綾瀬はるかの輩出も大きな誇りには違いない。思えば2000年代初頭、唯一のレギュラー仕事とも言えるラジオ番組では、ホリプロの先輩アイドルから「いつも汗かきすぎ。もっと痩せてください!」などとからかわれていたわけで、それを思い起こすと隔世の感が否めないが、デビューから数年、確かにあの時期、グラドルとして彼女が活動していたのは間違いない。優香、堀越のり、平山あや、西田夏ら、ホリプロ勢がそろって獲得したグラドルの栄冠のファイブスターガールにも選出され、amazonのイメージDVDランキングでは、当時リリースした作品が現在もコンスタントにランクインしている。

他の水着記事を読む

 一方、現役組の最高峰は、菜乃花。今年、三十路を迎えるとは到底信じられない童顔巨乳ボディで依然、圧倒的支持を獲得中。前述の杉原よろしく“グラドル界きってのカープ女子”でも知られ、グラドル・ファンのみならず、カープ・ファンからの信望も厚い存在。カープの4連覇達成に向けて(?)、さらなるボディの進化、活躍に期待したい。

 昨年12月に惜しまれながらグラビアを卒業した村上友梨は、個人的には思い入れの深い巨乳グラドルの一人。2009年のミスFLASH準グランプリ受賞以降、10年近くにわたりシーンのトップで活躍したその実績は見事の一言。今後は福祉の仕事との両立を目標に活動していくとのことだが、人一倍努力家の彼女のこと、実現は可能だろう。

 熊田曜子、安田美沙子らとともにピラミッド(事務所のアーティストハウスピラミッド)・トップ3として君臨した夏川純もテレ朝エンジェルアイ(2004年、小林恵美らと)に選出されるなど確実に一時代を築き、シーンをリードした存在。

【関連記事】

・紗綾「ハアハア言いながら」ラストDVDの撮影に挑戦【写真28枚】

・月城まゆ「お尻を見て!」鍛えて仕上げたボディに自信あり【写真27枚】

・清水あいり「よいしょ」暴れるバストに四苦八苦【写真27枚】

・若槻千夏、橋本梨菜、都丸紗也華ほか、「アイドルは黒髪」の常識を打ち破った茶髪グラドルたち

・大原優乃が6位、1位は誰!? EX大衆「誌面未掲載カット」2018年の人気ランキング