夏川を筆頭に、現在は大阪市議会議員として活動中の佐々木梨絵、大物芸人との不倫騒動が明るみになった吉川麻衣子、炎上クイーンこと加藤紗里などなど、お騒がせな子が目立つ印象もある広島勢だが、その辺は、同県ならではの(巷間で言われるヤンチャなイメージ)気風か。なお、グラドル・クイーンの名をほしいままにした森下悠里は十代の多感な時期を同県で過ごしており、杉原、綾瀬、菜乃花、村上らに通ずる巨乳系として、特にここに記しておきたいところ(もう一人、細川ふみえも幼少時代、同県で過ごしたのは知る人ぞ知る話)。

他の水着記事を読む

 総評、結論としては、ビッグネームが名を連ねる一方で、菜乃花、村上以降の世代が出てきていないのが気になるところか。ポスト杉原、ポスト菜乃花となるべく存在の早急な登場を熱望したい。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・紗綾「ハアハア言いながら」ラストDVDの撮影に挑戦【写真28枚】

・月城まゆ「お尻を見て!」鍛えて仕上げたボディに自信あり【写真27枚】

・清水あいり「よいしょ」暴れるバストに四苦八苦【写真27枚】

・若槻千夏、橋本梨菜、都丸紗也華ほか、「アイドルは黒髪」の常識を打ち破った茶髪グラドルたち

・大原優乃が6位、1位は誰!? EX大衆「誌面未掲載カット」2018年の人気ランキング