広瀬すず
広瀬すず

 年に一度のハッピー・バレンタインデーにちなんで、これまで女性アイドルが出演したチョコレートのCMについて調べてみた。各メーカー、錚々たる顔ぶれが出演してきた歴史の中で、見えてきたものとは???

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 まずは、目下のアイドルのチョコレートCMの王道とも呼ぶべき「ロッテ」から見ていこう。

「この2月で発売55周年を迎えたメガヒット商品『ガーナミルクチョコレート』を中心としたCMですね。現在は、浜辺美波、山田杏奈、久間田琳加といったフレッシュな若手女優の出演でおなじみですが、過去の面々を見ても、広瀬すず、土屋太鳳、松井愛莉、浅田真央、長澤まさみ、榮倉奈々、武井咲、佐々木希、上戸彩、さらに遡れば、内田有紀、小泉今日子など、その時代をリードするトップ・アイドルが起用されてきた。お茶の間アイドル、さらにはお茶の間女優への登竜門のCMとして、昔もいまも変わらず続いていると言っていいでしょう」(アイドル評論家・三橋りの氏)

「♪チョコレート、ロッテ」のメロディを知らぬものはいないはず。また、『ガーナチョコレート』のCMといえば、昨今は母の日バージョンに始まり、バレンタインで締めくくるという流れも定着しており、母親相手と男の子相手、出演アイドルのそれぞれ違った表情を見られるのも大きな特徴となっている(アラフィフの筆者的には、80年代後半に4年間だけ行われ、立花理佐、島崎和歌子、中江有里、宍戸留美らを輩出した『ロッテ CMアイドルはキミだ!』オーディションなんてのも思い出深い)。

 続いては「♪チョコレートは、明治」でおなじみの「明治製菓」。最初にミルクチョコレートが発売されたのが1926年(大正15年)のことで、我が国のお菓子メーカーとしては後述の森永に次ぐ老舗。CMも長い歴史を誇る。

【関連記事】

・紗綾「ハアハア言いながら」ラストDVDの撮影に挑戦【写真28枚】

・モーニング娘。『ASAYAN』オーディションの敗者が作り上げたグループアイドルのシステム 平成アイドル水滸伝 第10回 モーニング娘。とIZ*ONEの巻~オーディションと平成女性アイドル【前編】

・橋本梨菜、山崎真実、杉本有美…大阪出身グラドルの頂点に輝くのは!?

・私立恵比寿中学・Negiccoの魅力がバンドで盛り盛り!「エビネギ2」レポート【写真9枚】

・若槻千夏、橋本梨菜、都丸紗也華ほか、「アイドルは黒髪」の常識を打ち破った茶髪グラドルたち