安田美沙子
安田美沙子

「グラビア甲子園 都道府県代表決定戦」京都府編

【人気記事】加藤圭「言うセリフも凄くて、いままでのDVDにないようなものとか」【独占告白1/12】【画像42枚】

 各都道府県出身のグラビアアイドルを調べ、その中で代表を決めてしまおうという新企画「グラビア甲子園」が始動。

 京都といえば、いまも昔も“美人の三大産地”として知られる土地(ほかの二つは秋田と福岡)。女優の高田美和に始まり、野川由美子、大信田礼子、由美かおる、杉本彩寺島しのぶ、倖田來未、最近では吉岡里帆まで、とびっきりの美貌や妖艶さでおなじみの顔ぶれを数多く輩出しており、グラドルに関しても、これまで何人ものビッグ・ネームを生み出している。「そうだ、京都、行こう」と旅立つ前に、魅惑の歴代京都グラドルの面々を見ていこう。

中村静香
安田美沙子
西田麻衣
浜田翔子
森田涼花
さとう里香
中村葵
児玉菜々子
原田まりる
はまだこう
田井中茉莉亜
藤川のぞみ
小林さり
北川弘美
竹本茉莉

 こうして振り返ると、やはり、中村静香、安田美沙子、西田麻衣といった三大はんなりグラドルの存在が大きく、先頃、通算60枚目のDVDのリリースを発表した浜田翔子を加え、京グラドル四天王と呼んでもいいわけだが(京都にはこっちの呼称のほうが合うか)、“さすが、美人の土地・京都”と思わされる。“中村静香、西田麻衣=巨乳”、“安田美沙子、浜田翔子=非巨乳”とバランスもいい感じで、以下の顔ぶれを見ても、中村葵、児玉菜々子が巨乳、森田涼花、さとう里香、はまだこう(元・浜田コウ。浜田翔子の妹)が微乳、原田まりる、竹本茉莉(まつり)、田井中茉莉亜が適乳といった具合。万遍なくサイズを抑えているのは“日本女性のカガミ”京おんなならではの配慮???

【関連記事】

・宮脇咲良(IZ*ONE)と谷かえほか、あの子とあの子は生年月日が一緒!【3月後半編】

・米倉涼子、鈴木京香、飯島直子、藤原紀香を生み出した水着系キャンギャルの現在

・松井珠理奈(SKE48)と櫻井紗季(東京パフォーマンスドール)ほか、あの子とあの子は生年月日が一緒!【3月前半編】

・小池栄子、グラドルに影響を与え続けるレジェンドの伝説

・杉咲花、永野芽郁、福原遥…活況の若手女優シーンをリードする子役出身女優