MEGUMI、RaMu、MIYU…アルファベットのグラドルの系譜を探るの画像
※画像は『メグボン!―Megumiプライベートフォト写真集 』より

 先頃の『FLASH』における表紙も好評だった超新星巨乳グラドルのMIYU。今後さらなる飛躍が期待されるグラドルの一人だが、ここで気になるのはアルファベットの名前。よくよく考えてみたら、アルファベット名義のグラドルってそういないような? 早速、過去を振り返りつつ調べてみることに!

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 とりあえず、真っ先に頭に思い浮かぶアルファベット名義のグラドルといえば、やはり、MEGUMI、RaMu、さらにはKONANあたりだが、まずはその辺の歴史について芸能ライターの織田祐二氏に聞いてみると――。

「確かにいそうでいて、あまりいないですよね。思えば、MEGUMIのデビュー時にインタビューした際、当時の担当マネージャーに『アルファベットの名前って珍しいですよね』と聞いたら、『そうですね。有名どころでいままでだとSHIHOぐらいですかね』という返答があったりもしたのですが(90年代に学園祭クイーンの異名を取り、スキンヘッド姿でも話題を呼んだタレント。現在、モデルで活躍中のSHIHOとは別人物)、その後も、アーティストハウスピラミッドが売り出した巨乳グラドルのCHISATOや、初代フジムスメにしてIカップの爆乳が魅力だった下村真理が改名してのMARIぐらいでしょうか」

 こうして見ると、MEGUMI以降、アルファベット名義のグラドルの共通項は、基本巨乳といえそうな感も???

【関連記事】

・乃木坂46高山一実「あの場所」が好きになったきっかけとは?『独白』インタビュー(1/5)

・グラビア界を席巻するユニット隆盛の裏側を探る

・米倉涼子、鈴木京香、飯島直子、藤原紀香を生み出した水着系キャンギャルの現在

・小池栄子、グラドルに影響を与え続けるレジェンドの伝説

・アイドル界の頂点・白石麻衣を生んだ群馬県のグラドル事情は!?