「楽天に対抗するかのようにアイドルを公認マスコットガールとして起用してきたのがヤクルトです。アイドルとは思えぬその野球通ぶりを評価され、2006年に公認女子マネージャーに就任した磯山さやかが有名ですが、その後も、球団公認サポーターとして、相澤仁美、福田萌、林みなほ(現・TBS女子アナ)、清水あいりらを起用。近年はチアリーディングチーム以外、積極的なアイドルの起用は見られないものの、これらの実績は大いに評価しておきたいところ。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 あと、話題を集めたと存在として、カープ女子3人で結成されたアイドルユニット『カープ女子神3』があります。100%球団公認かは定かではないながら(笑)、2015年、“カープ女子”という言葉が流行語大賞に選ばれた際は、授賞式にその代表として登場しました」(同氏)

 野球好きを自認するライター&編集者のブライアン飯野氏も語る。

「人気タレントの輩出という面では、実は巨人も負けていないですよ。まずは、球団チアリーディングチーム『ヴィーナス』の前身にして創始のチームというべき『ファイアーガールズ』での活動後、芸能界デビューしたのがハロプロ・ユニット『太陽とシスコムーン』のメンバーとして活躍することになる信田美帆。

 彼女は元々、全国レベルの体操選手であり、その抜群の運動神経から当時監督だった長嶋茂雄氏に『トンボちゃん』の愛称で呼ばれていたのは知る人ぞ知る話。さらに2001年、『ファイアーガールズ』あらため『チームジャビッツ21』と変容した際にメンバーだったのが、フジテレビの女子アナとなる斉藤舞子。さらにさらに(笑)『チームヴィーナス』と進化した際にメンバーだったのが、その後、セント・フォース入りし、『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)などのキャスターを務める中川絵美里。このあたり、なかなかの実績と呼んでいいでしょう」

【関連記事】

・山田菜々「いちご大福ボディ」でランジェリー姿に!【写真4枚】

・広瀬すず、石原さとみ、国仲涼子、倉科カナ他、朝ドラ主演を勝ち取った「アイドル女優」の系譜

・磯山さやか一強!?「茨城県出身」のグラビアアイドルまとめ

・MEGUMI、RaMu、MIYU…アルファベットのグラドルの系譜を探る

・米倉涼子、井川遥、釈由美子ほか、ビール系キャンギャルからブレイクした美女たち