「現状、晩婚化や少子化が深刻な問題になっている中、一人でも多くの人間に結婚への関心を持たせようという思惑があるからでしょうね。ゼクシィ以外でも、初代マイナビウエディングガールとして活躍した飯豊まりえは、松井や広瀬同様16歳で抜擢されました。現在、3代目として出演中の吉川愛なども起用時は18歳で、確かにさまざまな意見が生まれることに。ですが、それだけ年齢に幅ができて、CM起用のチャンスが増えるということでもあり、ファンの側も女優の側も、ポジティブな気持ちで時流に乗っかるという形でいいんじゃないでしょうか」(前同)

他の水着記事を読む

 幸せムードいっぱいの結婚式とキス・シーンが話題を呼んだ結婚式場情報サイト『Hanayume』(ハナユメ)のCMのローラ(29)や、初々しい新婚生活の夫婦のやりとりが印象的な、結婚相手紹介サービス『ツヴァイ』のCMの岸井ゆきの(27)などは、こちらも素直な感覚で微笑ましく(羨ましく?)見られるというものだが……(苦笑)。婚活事情にも詳しい編集&ライターのブライアン飯野氏にも聞いてみた。

「老舗大手の『ゼクシィ』は別にして、結婚をいたずらに煽る結婚紹介サービスや、婚活系のCMは数年前まで自主規制という形で制約されていました。そんな中、松井愛莉や広瀬すずらを起用した、出演者の低年齢化の動きなどは、規制緩和の流れに則したものと見て間違いない。今後はさらに結婚情報系、婚活系のCMは増えるはずで、多くの若手女優やアイドル、モデルらが起用されていくでしょう。男性はもちろん、同性からの共感も得られる、これらのCMの動向には今後も要注目です」

 ちなみに、これらのCMに出演した者で、その後実際結婚したのは加藤ローサや森絵梨佳ら、ごく数人。なにはともあれ、新たな“人気女優への登竜門”として、さらに話題を集めていくのは間違いないCMジャンルであり、今後、どんな女優が起用され、ブレイクしていくのか、じっくり興味深く見守っていきたい。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・山田菜々「いちご大福ボディ」でランジェリー姿に!【写真4枚】

・広瀬すず、石原さとみ、国仲涼子、倉科カナ他、朝ドラ主演を勝ち取った「アイドル女優」の系譜

・磯山さやか一強!?「茨城県出身」のグラビアアイドルまとめ

・MEGUMI、RaMu、MIYU…アルファベットのグラドルの系譜を探る

・米倉涼子、井川遥、釈由美子ほか、ビール系キャンギャルからブレイクした美女たち