浜辺美波
浜辺美波

 平成の日本の歴史、それは美少女たちの歴史でもあった。宮沢りえがぶっ飛んで、広末涼子がマジで恋して、後藤真希が明るい未来に就職希して、沢尻エリカが「別に」と突き放した30年。アフター平成の日本を動かす美少女は誰なんだ!?

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

■『あまちゃん』と『パシフィック・ヒム』

 10年代、美少女をメジャーにしたコンテンツは『あまちゃん』と『パシフィック・ヒム』。
 13年に放送されたNHK朝ドラ『あまちゃん』は、能年玲奈演じる天野アキの成長を描くストーリー。「アイドル」をテーマにしていたこともあって、能年以外にも橋本愛、有村架純、松岡茉優といった美少女たちが出演し、それぞれがブレイクした。

『そんなバカなマン』内の『パシフィック・ヒム』は、バナナマン設楽とバカリズムに遠隔操作された日村が美少女とのデートロケ中に奇天烈な行動を繰り返すコーナー。新木優子や唐田えりか、山本舞香、桜井日奈子が奮闘する姿にほっこりさせられた。
 なかでも、日村が収録を終えたテープをスタッフから受け取り「俺がつまんなかったやつ」と書いた時、「私も書いていいですか?」と「私は好きですよ」と書き加えた飯豊まりえに心を掴まれた男たちは多かった。

 新垣結衣や広瀬すず、永野芽衣を輩出した「高校サッカー応援マネージャー」の人選も見逃せない。13代目の高橋ひかる、14代目の清原果耶がアフター平成のブレイク美少女候補と見ていいだろう。

■美少女の新潮流

 広末涼子や佐々木希などが青年漫画誌の表紙という「美少女のスタートライン」に立ってきたが、近年は地殻変動が起きている。えなこや伊織もえといったコスプレイヤー、逢田梨香子や小宮有紗といった声優が表紙を飾ることが増加中なのだ。2次元と3次元をつなぐ美少女が平成後を彩るのかもしれない。

■10年代中盤を代表する美少女たち

◯アイドル戦国時代

齋藤飛鳥(乃木坂46)

「神に選ばれし美少女」というキャッチコピーを大袈裟に感じさせないルックスと、偏屈な性格に見せかけて「いい人」という人間的奥行きで、10年代の「伝説の少女」に。国民的グループを新エースとして引っ張る。

新井ひとみ(東京女子流)

東京女子流のメンバーとして13歳でデビュー。そのピュアなキャラクターとファンクが似合う歌声でアイドル戦国時代を駆け抜けた。信玄餅を食べる映像だけで1時間持たせてしまうほどの美少女。

橋本環奈

博多のローカルアイドルだったが、ファンが撮った「奇跡の一枚」がネット上で拡散されて「1000年にひとりの逸材」と呼ばれる。そのサバサバした性格からバラエティ番組でも重宝されるようになった。

◯10年代ピュア女優

能年玲奈

『あまちゃん』でヒロイン・天野アキが憑依したような演技を見せると一気にブレイク。素の彼女の挙動不審な言動も人気に拍車をかけた。しかし、事務所独立に際するゴタゴタで活躍の場が減少。

有村架純

『あまちゃん』組でもっともブレイクした女優。だが、3年前に『SPEC』で竜雷太の愛人役を演じた時から「美少女が現れた」と一部で評判だった。國村準との共演も多く、いわゆる親父キラーである。

広瀬すず

オーディションで数々の役を掴んできた実力派。誤解されやすいキャラクターで、その発言が物議を醸すことも。しかし、その隙こそが広瀬すずの魅力なのだ。レオパレス21のCMドラマの続きが気になるところ。

武田玲奈

今クールでは『トクサツガガガ』でゆるふわなOL、『新しい王様』では紆余曲折の末に人気女優になる看護学生を演じて、ブレイクの兆しを見せている。

浜辺美波

上白石萌歌・萌音も受賞した第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を獲得してデビュー。普段の清楚な佇まいと漫画やアニメの実写化での弾けた演技のギャップで人気に。

飯豊まりえ

『花のち晴れ』をはじめとしたドラマの演技やバラエティ番組での人柄のよさで人気に。その原点は『獣電戦隊キョウリュウジャー』で、高梨臨などの戦隊ヒロイン出身女優の流れにあるのだ。

吉岡里帆

「水着仕事を否定している」と誤解されているが、実際は「特別な表現方法」と肯定しているように、グラビアでは内面までさらけ出している。あざとい女の役がうますぎて、女性に嫌われるという因果を背負う。

【関連記事】

・欅坂46藤吉夏鈴の本誌未掲載カット3枚を大公開!【EX大衆5月号】

・NGT48小熊倫実の本誌未掲載カット5枚を大公開!【EX大衆5月号】

・桃月なしこの特別グラビア16ページがdマガジン限定で読める!

・【プレゼント】乃木坂46桜井玲香ほかアイドル直筆サイン入りチェキ等が167名に当たる!

・乃木坂46桜井玲香の本誌未掲載カット5枚を大公開!【EX大衆5月号】