nuance「2バンドセット」でワンマンライブを開催【写真7枚】の画像
nuance

 パフォーマンスや衣装からして上質でクラッシーな雰囲気をまとい、ライブアイドル界の中でも、他にない存在感を放っていた横浜発の4人組アイドルグループ・nuance(ヌュアンス)。4月25日、活動2周年を記念してSHIBUYA TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ「はじめましてヌュアンスです。」を開催、アイドル界でなくても珍しい2バンドセットによる演奏と演出が見事に組み合わさったライブで大成功を収めた。

【写真】nuance「2バンドセット」でワンマンライブを開催【写真7枚】

 開演時間、会場であるO-EASTのステージには2つのバンドセットが後方に組まれ、前方にはヌュアンスの振付には欠かせない椅子が無数に散乱している。劇団鹿殺しのメンバー扮する「案内人といいますか“あヌュない人”といいますか、ナビゲーターといいますか“ヌュビゲーター”といいますか…」と名乗る2人のあいさつから、バンドメンバーが登場。バンド演奏によるオープニングの中で登場した4人は、これまでにないセーラー服姿。普段が大人びたワンピースなどが多いだけに新鮮だ。

 学校のチャイムと同時に一礼して始まった一曲目は『Love chocolate?』。さっそく椅子を使ったダンスはセーラー服、そして生バンドならではのピアノの旋律と相まっていつもより愛らしく見える。2曲目は発売されたばかりのニューアルバム『town』から『tomodachi』。その1曲目から2曲目の流れのスムースさがまるでDJプレイのようで、一見1バンドでもできそうだが、2つのバンドの演奏が絶妙なつながりを見せてフロアの熱を切らさない。音源に比べてピアノやギターのフレーズひとつ見てもスリリングさを増した生バンドのサウンド、そこに4人がステージを左右移動しながら手を振ったりと、タイトな演奏の中にメンバーの笑顔を見るたび解放されるような快感がある。

【関連記事】

・・・・・・・・・・が見せたアイドルの実験、ラストライブで美しく咲く【写真5枚】

・HAMIDASYSTEM、“はみ出す勇気”がつかんだ唯一無二なアイドルの到達点【写真24枚】

・私立恵比寿中学・Negiccoの魅力がバンドで盛り盛り!「エビネギ2」レポート【写真9枚】

・この夏注目!「エレファンク庭」がデビュー4か月でギュウ農フェスに参上【写真11枚】

・乃木坂46の齋藤飛鳥好きの女の子がアイドルになった理由 tipToe.都塚寧々インタビュー