すかさず起きたアンコールを求める拍手に応えてステージに戻ってきた4人は、『からくれない』を披露した後「はじめまして! ヌュアンスです!」と、この日はじめてファンに向けて声をあげた。この日唯一となったこのMCの時間もメンバーとバンドメンバー紹介、そして来てくれた観客への感謝を述べるシンプルなもの。アイドルのライブというと最後に長い感想がありがちだが、それがなかったからこそ、来場者全員にライブの余韻が深く刻まれた。

【写真】nuance「2バンドセット」でワンマンライブを開催【写真7枚】

 普段のライブではスタイリッシュな中に秘めた熱さのあるステージが魅力的なヌュアンス。しかしこの日はオープニングのスキットや、フラッグや椅子という演出、MCなしといった構成こそカッチリとしていたものの、ライブはとにかくエモーショナルだった。アイドルの生バンドライブは最近珍しくないが、その中でもトップクラスといえる高まりを会場中に与えていただけでなく、そのグルーヴやきらめきを4人が堂々と乗りこなしパフォーマンスする姿は、まさにO-EASTワンマンという大会場ならではの力強さがあった。

 ワンマンのタイトルどおり、唯一のMCで「はじめまして!」と宣言したヌュアンスはここからはじまり、どこまで行くのだろう。その未来の明るさに希望しか感じさせないワンマンだった。

(取材・文=大坪ケムタ/写真=金丸雅代・梅原美侑)

【関連記事】

・・・・・・・・・・が見せたアイドルの実験、ラストライブで美しく咲く【写真5枚】

・HAMIDASYSTEM、“はみ出す勇気”がつかんだ唯一無二なアイドルの到達点【写真24枚】

・私立恵比寿中学・Negiccoの魅力がバンドで盛り盛り!「エビネギ2」レポート【写真9枚】

・この夏注目!「エレファンク庭」がデビュー4か月でギュウ農フェスに参上【写真11枚】

・乃木坂46の齋藤飛鳥好きの女の子がアイドルになった理由 tipToe.都塚寧々インタビュー