■日米で活躍した大魔神はアイドルキラー!

 女子アナに関しては件数が多すぎるのでここでは割愛して、純然たるアイドルだけで考えると、87年に、ホリプロに属していた秋本理央というB級アイドルと結婚した平野謙(中日)がその元祖だろうか。これは、東海地方ローカルの中日応援番組での共演が接点だった。つまり、【理由1】の案件だ。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 おそらく、【理由2】による最初は、91年に清水香織(*)と結婚した大魔神・佐々木主浩(横浜)ではないだろうか。清水は、1986年に、修道女の衣装を着て『禁じられたヒロイン』という曲でデビューしたマニアックなアイドルだが、仕事上で野球との接点はなかった。

 もう少しメジャーなアイドルと結婚した最初の選手は笘篠賢治(ヤクルト)か。92年に『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)で知られる松本典子と籍を入れている。

 アイドルにとって、スポーツマンで、若くして多額の年収を稼ぐプロ野球選手と結婚は魅力的なものだろう。ただし、それは相手がプロの第一線で活躍し続けることが前提だ。

 95年には、かつての角川三人娘の一角・渡辺典子が、西岡洋というヤクルトの投手と結婚している。だが、この西岡は6年のプロ生活で一勝もできなかった。原因は不明ながら、渡辺とは3年ほどで離婚に至っている。

 96年に石井琢朗(横浜)が元CoCoの瀬能あづさ(*)と、広島の緒方孝市(現・監督)が中條かな子と、00年にはロッテのサブローが中嶋ミチヨと、新庄剛志(阪神)が元クラリオンガールの大河内志保(*)とそれぞれ結婚。同じ頃に清原和博(巨人)が結婚したモデルの木村亜希(*)も、「セブンティーンクラブ」というユニットに属していた元アイドルである。

 その後、04年には黒田哲史(巨人)が新山千春(*)と、05年には和田毅(ソフトバンク)が仲根かすみと、さらに清水香織と別れた佐々木主浩が今度は榎本加奈子と……といった具合に、プロ野球選手たちは続々とアイドルをパートナーにしていった。

【関連記事】

・大原優乃の本誌未掲載カット9枚を大公開!【EX大衆6月号】

・宮沢りえ、常識を打ち破った80年代最後のトップアイドル

・斉藤由貴、朝の連ドラ主演、紅白司会、歌手出場を成し遂げた「奇跡の清純派」

・新田恵利、おニャン子クラブの人気を支えた「フツーのちょっとかわいい女の子」

・後藤久美子“歌わない”女優アイドルの原点的存在