「山口智子、鈴木京香、松嶋菜々子ら、80年代後半から90年代序盤のキャンギャル・シーンを彩った面々ですね。当時ならではのハイレグを基調にした水着姿のポスターやテレカは現在、総じて1万円以上の高値を記録中。山口の某テレカなどは5万円以上の値段を長年にわたってキープ中です。文字どおり、昭和、平成、令和と三代またいでの究極にレアな水着姿といえるでしょう」(芸能ライター・ニイゼキユウジ氏)

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

「もう一人忘れてならないのが、次作『スカーレット』でヒロインを務める戸田恵梨香。2003年の『ヤンジャン』の制コレ時代もそうですが、その前の関西でのジュニアモデル時代のスクール水着姿は、いまや伝説のショットといった定評も。未見の人には見ていただきたいところです」(前出・アイドルライター)

 最後に、余談ながら筆者的には、吉高由里子、安藤サクラ、尾野真千子、さらには藤田朋子あたりの、水着姿を超越した(笑)姿のほうも加えて推しておきたいということで……。今回名前を挙げた面々の過去のレアなショット、気になった方はこの機会にぜひどうぞ。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・片岡沙耶「全部ランジェリー」こだわりのトレカが発売!【写真34枚】

・菜々緒、広瀬すず、久松郁実…キックボクシングにハマる女優急増のわけ

・芸能界の美女を多く生み出す福岡県出身のグラビアアイドルといえば?

・「奈月セナ」大ブレイクに隠された意外な理由とは?

・レジェンド・堀江しのぶを輩出した愛知県は現在でも巨乳グラビアアイドルを多く生み出す