手っ取り早いのが、三浦翔平のように、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」などオーディションを受けることだろう。ただし、残酷にもこちらも年齢制限の壁がある。直近の「ジュノン~」では、12~22歳となっていた。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 ジャニーズ事務所は、随時人材を募集しており、特に年齢制限はないというが、最年長合格者とされている人物は21歳とか。他の芸能プロオーディションも同じような状況であり、すでに若くない人には厳しい道のようだ。

 人気劇団に入るという手もある。これも狭き門であるが、年齢制限もあったりなかったりだし、ジャニーズ事務所一択よりは門が広いだろう。

 では、若くもイケメンでもない人には、俳優になってアイドルと結婚するチャンスはゼロなのか?

 念のため、イケメンという訳でもない演劇出身の田中哲司が、48歳というなかなかおじさんの年齢で、かつて東京パフォーマンスドールのメンバーだった仲間由紀恵と結婚した例があることを確認しておこう。この2名も、『ジョシデカ!-女子刑事-』(TBS系)の共演がきっかけだった。

◎2019年5月31日現在。芸名、所属などは当時。〈*)はすでに離婚。文中敬称略。

【関連記事】

・大原優乃の本誌未掲載カット9枚を大公開!【EX大衆6月号】

・内田有紀「CMからドラマへ」路線アイドルの本当の旬はこれから!?

・HKT48指原莉乃「本当に最後」大感謝祭を地元で開催【写真23枚】

・【村上りいな】東京Lily×EXwebコラボ企画 優秀作品発表!【写真8枚】

・中島史恵「奇跡の50歳」プロポーションが完璧すぎる!