新リーダーは、2期メンバーの竹内朱莉。歌唱面でもグループの中心的存在だが、後輩メンバーにも(主に顔のまるさについて)平気でいじられる明るいキャラ。サブリーダーには、続投の中西香奈に加えて、2017年に加入したばかりの川村文乃(6期)が抜擢され、ハロヲタ界隈を驚かせた。

【人気記事】麻倉まりな「胸がコンプレックスだったけどバイト先の常連さんにグラビアを勧められて」【独占告白6/12】【写真55枚】

 そのアンジュルムの歴史をざっとふりかえると、結成はいまから10年前。和田彩花、福田花音(現在は作詞家に転身、和田彩花卒業曲にも詞を提供している)をはじめ、ハロプロエッグ(現在のハロプロ研修生の前身)の中学生4人を集めて結成され(うち3人は、テレビ東京系列のアニメ「しゅごキャラ!どきっ」のOP曲を歌ったしゅごキャラエッグ!のメンバー)、プロデューサーのつんく♂により、スマイレージと命名され(当初はS/mileage表記)、インディーズ・シングル『ぁまのじゃく』でデビューを飾る。

 スマイレージ時代は、ほとんどの楽曲がつんく作詞作曲。ハロプロ内外の他グループにも、いまなおしょっちゅう歌われているメジャー・デビュー曲『夢見る15歳』はじめ、『同じ時給で働く友達の美人ママ』『ショートカット』『有頂天LOVE』など、女子中学生の恋心や心境を、ときに等身大に、ときにコミカルに描く数々の名曲でファン(主に男性)のハートをつかみ、2010年には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。この頃のキャッチフレーズは「日本一スカートの短いアイドル」でした。

【関連記事】

・仲村美海の本誌未掲載カット10枚を大公開!【EX大衆7月号】

・乃木坂46堀未央奈が表紙!クリアファイル、ポスター付き【EX大衆7月号】は6月15日発売!

・えなこ「天使ですか?」透明感がハンパない白ワンピース姿に大反響!

・蒼井優だけじゃない!!芸人と結婚したアイドル・女優はこんなにいた「アイドルと結婚できる職業」第3回・お笑い芸人編

・【占い】電撃婚発表の蒼井優は男性を手玉に取るタイプ!?