道重さゆみ、嗣永桃子に続き和田彩花も…ハロプロ25歳定年説を追え!大森望の極楽アイドル沼・第10回の画像
※画像はアンジュルムのシングル『恋はアッチャアッチャ/夢見た 15年(通常盤A)』より

 去る6月17日と18日、ハロー!プロジェクトに所属するメンバー2人の卒業コンサートが、ともに日本武道館で開催された。所属グループ及びハロプロを卒業したのは、Juice=Juiceのリーダー宮崎由加と、アンジュルム並びにハロー!プロジェクトのリーダー和田彩花。2人はともに、今年で25歳になる。


おおもりのぞみ

大森望

 1961年生まれ。書評家、SF翻訳家、アンソロジスト、「ゲンロン 大森望 SF創作講座」主任講師。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞。著書に『20世紀SF1000』『新編 SF翻訳講座』『現代SF観光局』など。訳書にカート・ヴォネガット『はい、チーズ』『人みな眠りて』、コニー・ウィリス『航路』『ドゥームズデイ・ブック』ほか多数。2013年秋、突如モーニング娘。にハマり、ハロプロ現場に通いはじめる。2016年、WEB本の雑誌の連載をまとめた『50代からのアイドル入門』(本の雑誌社)を刊行。現在も、ハロプロを中心に、地下から地上までさまざまな現場に出没。

EX大衆 2020年7月号

EX大衆 2020年7月号は
絶賛発売中!購入はこちら