■ミニスカポリスに、ビッグダディの元奥さんもレスラーと結婚

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 もともとは佐々木健介の弟子だったが、健介引退後しばらくしてNOAHに入団した中嶋勝彦は12年に結婚。そのパートナーは、もともと新体操選手で、タレント転向後は『新・出動!ミニスカポリス』(テレビ東京系)に“10代目ポリス”として活動こしていた飯作あゆりという女性だった(現在は引退)。

“アイドル”の定義には当てはまらないだろうが、プロレスラーが女性タレントと結婚した例はほかにもいくつかある。

 レスラー活動と芸能活動を並行して行っているAKIRA(野上彰)は、佐伯玲子というお笑い芸人と結婚していた〈*〉。インディー団体を渡り歩いた元レスラーの佐々木義人は、ビッグダディこと林下清志の再婚相手としてメディアに登場し、離婚を経ていつのまにかタレント活動をしていた美奈子と結婚生活を送っている。美奈子にとって、それが4度目の結婚だとか。

 猪木からオカダまで。メジャー団体からU系団体、インディー団体まで。プロレスラーとアイドル、女優らと結婚には目立った傾向が見られない。時代もレスリングスタイルも、団体の大小も問わず、総じてレスラーにはアイドルと結婚できるチャンスがあるということだろう。今後、真壁刀義が松井珠理奈と結婚してもなんらおかしくないのだ。

【関連記事】

・乃木坂46堀未央奈が、舞台挨拶で“ガチの涙”を見せた理由とは!?【写真22枚】

・「現役介護士」が1位に!「水着グラビア」6月の人気記事ランキング

・tipToe.都塚寧々の日記「もう少し暑い夏の日にまた自転車に乗りたい」「三十五度九分の日々 第13回」

・女子アナ初のVTuber「相内ユウカ」の快進撃が止まらない!!

・浜辺美波が堂々の1位!「好きな女優ランキング」結果発表