「ブラコンといえば、元℃-uteの鈴木愛理もしかり。プロゴルファーである父親の影響でゴルフに打ち込む弟への思いをSNSに度々上げており、早起き早出の弟のために朝ごはんを作ってあげたことや、作ったスパムおにぎりの写真も公開。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 包んだサランラップには、かわいい顔のイラストや『運転気をつけて』の文字、『カーテンのなか~たいようとかのじょとーわたしー』といった乃木坂の『ぐるぐるカーテン』の歌詞が書かれるなど、ファンからすると羨望、嫉妬の(笑)弟LOVEぶりで大きな話題になりました。

 ほかにも今野杏南は出演したトーク番組で、15歳下でサーファーの弟を溺愛していることを告白。年が離れているせいか、かわいすぎという感情は尋常じゃないようで、母共々溺愛。弟が女の子に対して『この子がかわいい』などと口にすると、母とともに『全然かわいくない!』と猛烈にダメ出しをするんだとか……」(前出・アイドルライター)

「乃木坂46の松村沙友理もかつてそんな発言をしていましたね。『弟が大好きで、ムツゴロウさんみたいにかわいがっている』と(笑)。『以前はグーで殴るフリをしてきたのに最近はすごく優しくなって、ずっとされるがままなの』といった発言は微笑ましかったですね。あとは、夢みるアドレセンスの志田友美。長身でイケメンと評判の弟が料理をする中、彼女が弟の肩越しに顔を寄せて彼を見つめる写真がアップされ、こちらも大きな話題に。弟の顔は隠されておりどんな容貌かはわかりませんが、ラブラブの恋人もどきのポージングはよほど仲良くないとできないはずで、ファンからするといろいろ複雑な感情も覚えたのではないでしょうか(笑)」(三橋氏)

 アイドル界には“妹系アイドル”や“お姉さん系アイドル”といった呼称が存在するが、これらは“系”ならぬ、まさに“リアルお姉さんアイドル”というべきものか。実際、人気アイドルの姉とはいえ、(特に多感な時期の)弟の立場からするとそれぞれにいろいろな思いを抱えてそうな感もなきにしもあらずだが(笑)、まあ、その辺は負け惜しみ嫉妬半分ということで率直に「羨ましいぃぃぃ~!!!」と認めたい次第……。

 なお、今回紹介した弟さんたちはいずれも、その性格の素直さが窺われ、なるほど、「人気アイドルには、できた弟アリというのも必須条件か」などと考えたりもしたが、いかに???

(文・織田祐二)

【関連記事】

・酒井若菜、手島優、小池里奈…一時代を確実に作った栃木県出身のグラビアアイドル

・佐野ひなこ、都丸紗也華、柳ゆり菜ほか、「ドロリッチ」から始まるグラドルのセクシーCMの系譜

・片岡沙耶と石川恋ほか、あの子とあの子は同日生まれ!【7月編】

・浜辺美波が堂々の1位!「好きな女優ランキング」結果発表

・奥山かずさ、杉本有美、さとう珠緒ほか「戦隊ヒロイン」を務めたアイドルたち