ユニットコーナーでは、研究生によるフレッシュなパフォーマンス(昼公演『バグっていいじゃん』/夜公演『お願いヴァレンティヌ』)、歌唱力で会場をひきつけるソロ(昼公演:田中美久『火山灰』/夜公演:豊永阿紀『涙の表面張力』)などを展開。昼と夜の公演でセットリストを変え、新生HKT48の多様性をアピールするパフォーマンスで魅せた。

【写真】地元・福岡より新生HKT48が約4年半ぶりの九州ツアーをスタート!【写真13枚】

 合間には、HKT48ライブ恒例の寸劇コーナーも。村重杏奈率いる悪の軍団の魔の手からHKT48を守る「寸劇戦隊・指レンジャー」が活躍する、ゆるい戦いが繰り広げられました。さらに寸劇の配役を決めるメンバーオーディョンも行われ、これからのツアーでの寸劇上演に期待が高まっていた。

 ライブ後半は、怒涛のメドレーコーナーへ。AKB48グループの他、乃木坂46や日向坂46の楽曲をメンバーが入れ替わりで10曲連続で披露し、盛り上がりも最高潮に。そして最新シングル『意志』や、ライブには欠かせない楽曲『メロンジュース』など、新旧織り交ぜた楽曲が終盤を盛り上げた。

 夜公演の本編ラストとなる『誰より手を振ろう』では、卒業間近の植木南央をメンバーが取り囲んでのパフォーマンスに“なおちゃん”コールが沸き起こり、植木は「メンバーもファンの皆さんも大きなコールありがとうございました」と涙声であいさつした。

 昼・夜公演とも、本編を終えても会場の熱は下がることなく、盛大なアンコールが巻き起こり、再び全メンバーがステージに登場。『最高かよ』では、大きなコールも起こり、大盛り上がりとなった。

 昼公演ではラスト1曲となった際に、田中美久が「不安がすごいあって……」と、偉大な支配人が抜けたツアーの初日を迎えるにあたって葛藤があったことを吐露。

【関連記事】

・7月21日は与田祐希と自然の中を遊びたい【記念日アイドルを探せ!】

・【占い】石原さとみ「破局報道」のあの人との相性は悪くない!?

・日向坂46金村美玖の本誌未掲載カット6枚を大公開!【EX大衆8月号】

・大原優乃、土屋太鳳、鈴木愛理…弟を溺愛するアイドルたち(超うらやましい!)

・STU48石田千穂の本誌未掲載カット3枚を大公開!【EX大衆8月号】