紗雪
紗雪

紗雪 独占インタビュー#1

 人気コスプレイヤーで、最近は芸能活動でも活躍の場を広げている紗雪。今回は、抜群の美脚を誇るスタイルの良さから、“脚が本体”とも評される彼女を掘り下げるロングインタビューを敢行。6回に分けてお届けします。

【写真】“脚が本体”のコスプレイヤー紗雪「初コスプレは『ハイキュー!!』の潔子さん」【写真24枚】

――最初に確認のために聞いておきますと、紗雪さん的に、最初に来る肩書きは“コスプレイヤー”でいいんでしょうかか?

 一番先に来るのは“コスプレイヤー”ですね。

――コスプレ活動は始めてどれぐらい?

 2014年12月のコミックマーケットが初めてだったので、5年目に入ってます。

――最初にコスプレをやろうと思ったキッカケは?

 まず、同じ2014年の夏のコミケに、友達と遊びに行ったんですね。それまでコスプレイヤーさんを見たことがなかったんですけど、なんか楽しそうだなあと思ったのがキッカケですね。で、冬にもコミケがあるので、そこでコスプレしたいなあと思ったら――そのとき大学生だったんですけど――大学のお友達で「私コスプレやってるから、一緒にやってみる?」って言ってくれる子がいて、一緒にやったのが最初でした。

――元々、アニメとかゲームは好きだったわけですよね。

 ずっと好きでしたね。

――最初はどんなコスプレを?

『少年ジャンプ』の『ハイキュー!!』のマネージャーのジャージのコスプレをして、すごい簡単なものをやったんですけど……。その前に高校生のときに、自分のお年玉を使って、別のコスプレ――ボーカロイドの『千本桜』っていう曲のMEIKOっていうキャラがいるんですけど、そのコスプレをとりあえず買ってみていて……。

――そのときは買ったんだけど、やってはいなかった。

 そうなんです。高校のときもコスプレイヤーの友達がいたので、じゃあやってみようかなっていう気持ちになりつつも、結局やらないまま卒業しちゃって。

――そういうコスチュームっていうのはセットで売ってるもんなんですよね。

 セットで売ってますね。アマゾンとかで調べて、“ああ、コレかわいいなあ”って思って。で、『千本桜』って曲が好きで、MEIKOってキャラが好きだったので、“かっこいいな、着てみたいなあ”と思って、家で着て満足(笑)。

――まずはこっそりと。

 フフフ。そうですね。

――写真はもちろん……。

 撮りました。お母さんに「ちょっと撮って」とか言って、撮ってもらって(笑)。フルセットそろえたので、だいたい1万5000円から2万円ぐらいしたんですけど、特にそのあとはコスプレをすることもなく……。

 で、初めてのコスプレのイベントに行ってやったのが、その『ハイキュー!!』の潔子(きよこ)さんってキャラクターだったんですけど、やってみたら、コスプレ楽しいなあって。お友達と一緒にスタジオに行ってみたり、コミケ以外にもコスプレイベントってたくさんあるので、行ってみようってことで行き始めて、ちょっとずつ回数が増えていって、気づいたら毎月やってるって状態になりました(笑)。

――どんどんハマっていっちゃったわけですね。

 ハマっていっちゃいました(笑)。

――衣装もどんどん増えていくわけですよね。

 そうですね。毎回やるものがどんどん変わるので……。うーん、20着ぐらい?

――5年もやってると、もっとありそうですが。

 ああ、もっとあるかも。売ったり、捨てたり、あげたりしてるので、いまあるのが20着ぐらいですね(笑)。

――コスプレイヤーの方は自分でも作ったりするって聞きますが。

 一応、作ったこともあるんですけど、耳作ったり、しっぽ作ったりするぐらいで。あんまり作ってない……(苦笑)。

――買ったほうが手っ取り早いと。

 そうですね、買って、自分のサイズに合わせるぐらい……。

――リメイク的に。

 どうしても、自分のほうが細かったりとか、あと、腰回りがキュってなってたほうがかっこいいなっていうときにちょっとやるっていう(笑)。あ、ただ、作ったりできる友達がいるんで、いろいろ聞いたりして、ちょっとずつはできるようになってるかな。ウィッグとかも最初は、なんか意味分からないウィッグを作っていたんですけど、最近では「あ、上手だね」って言ってもらえるようなものを作れるように……。

――確実に上達はしていると(笑)。

 そうですそうです。

――やっぱりなんだかんだコスチュームにはお金がかかりますよね。

 上を見るとキリがないんですけど、だいたいなんとなく買うお店が決まっていて。だいたいネットショッピングなんですけど、ここのサイトはいいとか、そういうので探して。でもなかったら、あきらめてとか。どうしてもっていうときは友達に頼んでとか。

――お気に入りのショップがあるわけですね。質とか、コスパの面で。

 ありますね。あと、やっぱり、やってるお友達に「それ、どこのなの?」って聞いたり。あんまり聞くのは好まれないんですけど……。

――衣装が被るのはイヤだと。

 仲がよければ聞いちゃうんですけど。

PROFILE

紗雪(さゆき)

1995年8月21日生まれ、東京都出身。

T168・B84W60H86

特技/絵を描くこと、画像加工(フォトショップ)


(取材・文=織田祐二)
 

【関連記事】

・緒方咲は8位、1位は驚異の新人!?「水着グラビア」7月の人気記事ランキング

・戸田れい、葉加瀬マイ、森咲智美ほか、グラビア界を席捲する“お姉さん系”とは!?

・カルト映画『ザ・オーディション』を松江哲明監督が語る!

・藤堂さやか「私史上1番、露出した夏」はハプニングだらけ!【写真16枚】

・【占い】深田恭子の結婚は2019年~20年にアクシデントのように決まる!?

紗雪 独占インタビュー