紗雪
紗雪

紗雪 独占インタビュー#4

 人気コスプレイヤーで、最近は芸能活動でも活躍の場を広げている紗雪。今回は、抜群の美脚を誇るスタイルの良さから、“脚が本体”とも評される彼女を掘り下げるロングインタビューを敢行。6回に分けてお届けします。

【写真】“脚が本体”のコスプレイヤー紗雪「自慢の美脚は通学で鍛えられました」【写真24枚】

――今後を考えると、いろいろマルチに活動を展開していきそうな感じもありますが、やっぱり、一番はコスプレですかね。

 そうですね。でもコスプレはあんまりお仕事っていうよりは、自分の趣味として好き勝手にやってるので。コスプレはお仕事としてもしつつ、(それとは別に)自分でもやりたい……。

――紗雪さんがアップしている写真を見てもそうですが、昨今のコスプレって、コミケとかイベントとかスタジオとかで撮るだけじゃなくて、アニメやマンガの風景にあわせて、実際にそれに近い風景の場所まで行って撮影するんですよね。

 行きますね。きれいな山とか湖とかを背景に、コスプレイヤーやファンの間では聖地と呼ばれる場所がいくつもあって、そこまで行って撮ります。

――趣味の領域を完全に超越してる印象もありますが(笑)。

 そうかも。

――お仕事という観点から言うと?

 お仕事としては、やっぱりコスプレイヤーさんたちが雑誌の表紙とかになっているのは、いいなあって思うので(笑)。

――最近のグラビア界の時流ですからね。

 そうですね。だから私もやりたいなあ、(表紙に)なりたいなあっていう思いはありますね。

――表紙を飾るのは、グラドルにとっての第一目標(笑)。

 その前段階としては、まずはグラビアページをいただいて……。

――そのジャンルのトップとしては、えなこさんがいますが、やはり目標の存在に挙げられますか?

 そうですね。トップの、ナンバーワンコスプレイヤーって言われているので……。

――追いつけ追い越せの気持ちで。

 憧れですよね。えなこさんとか、そこまでいくと憧れですね。ファンです(笑)。

――その辺は謙虚な気持ちで(笑)。水着姿は全然平気なんですか?

 私は別に(笑)。事務所がダメだよっていう限界まで私は大丈夫です。大事な部分が出なければ、私は別になんでもよくって(笑)。R-18ってならなければいいんですけど……。

――あ、事務所的に……。

 事務所にご迷惑はかけられないので(笑)、控えるところは控えつつ……。いや、かわいい格好も好きだし、ランジェリーとかでもかわいいものはいっぱいあるので、そういうものも着たいなあとは思ってて。

――その辺は作品ごとにテーマなどの兼ね合いも。でも、お仕事として、いままでとはガラッとやることが変わった気もしますが。

 そうですね。いままではキャラクターのコスプレが多かったんですけど、事務所に入ってからはグラビアのお仕事を多くいただくようになって。でも、趣味としてのコスプレは続けていきたいし、友達もそっちのほうが多いので、「今回のあのアニメおもしろかったよね? やろうよー」とか、「昔のあのアニメもいいよね。あのコスプレしたくない?」とか。全然あるので、そういうのとかも続けていきたいです。

――ところで、紗雪さんといえば脚の美しさが魅力で。「“脚が本体”」などとも言われてますが(笑)。

 それを謳い始めたら、友達から「一緒にツーショット撮ろうよー」って言われて、しゃがまれて脚が思いきり強調されるように撮られて。「なにをやってるんだい?」って言って(笑)。

――ハハハ。自他ともに認める魅力のパーツ!

 脚をウリにするっていうよりは、胸もなければお尻もないので、脚しかないんです(笑)学生の頃は通学で自転車をずっとこいでいたんで、脚が鍛えられたかなあって自分で最近思うんですよ。

――通学で日々磨き上げられた美脚。

 自転車で片道30分ぐらいかけて通学していたので。それで鍛えられたかなあと。脚が魅力って言っても、ただ長いだけって話もあって、長いって言っても、ただ身長が高いだけなんだけどって思うときもあるんですけど……。

――脚のお手入れは大変ですか?

 本当にすごい、すぐアザを作ってしまうので。なんか、空間認識能力がちょっと低いみたいで、すぐぶつかっちゃうんですよね。ゴン! って。すぐアザだらけになっちゃうので、それをどうしようかなあって考え中です。

――それはコスプレ撮影で気分がハイになってるからとかじゃなく?

 もう、普段から……。机の角とか。

――じゃあ、いまも傷がたくさん。

 いっぱいありますねえ。

――えーと、肝心のお手入れのほうは……(笑)。

 なんだろう。うーん……。

――お風呂に入るぐらい?

 お風呂に入るぐらい。そうですね、半身浴が好きで、長風呂が好きでマンガ持ち込んだり。お風呂の中でアニメ見たりとかして……。お手入れ、あとは……。

――まあ、まだ若いからそれほど気合い入れてお手入れする必要はないか(笑)。

 あ、最近始めたのは、お風呂あがったあと、すぐに化粧水をつけるという。「出た瞬間につけるといいよー」って言われて(笑)。髪とか乾かす前に、ホント、生まれたまんまの姿のときにシャーって(笑)。そのあとに髪を乾かして、乾いたら、また肌のほうをパシャパシャしたり。ああ、最近はお肌をね、パシャパシャしてますね。


PROFILE

紗雪(さゆき)

1995年8月21日生まれ、東京都出身。

T168・B84W60H86

特技/絵を描くこと、画像加工(フォトショップ)


(取材・文=織田祐二)

【関連記事】

・緒方咲は8位、1位は驚異の新人!?「水着グラビア」7月の人気記事ランキング

・戸田れい、葉加瀬マイ、森咲智美ほか、グラビア界を席捲する“お姉さん系”とは!?

・カルト映画『ザ・オーディション』を松江哲明監督が語る!

・藤堂さやか「私史上1番、露出した夏」はハプニングだらけ!【写真16枚】

・【占い】深田恭子の結婚は2019年~20年にアクシデントのように決まる!?

紗雪 独占インタビュー