紗雪
紗雪

紗雪 独占インタビュー#6

 人気コスプレイヤーで、最近は芸能活動でも活躍の場を広げている紗雪。今回は、抜群の美脚を誇るスタイルの良さから、“脚が本体”とも評される彼女を掘り下げるロングインタビューを敢行。6回に分けてお届けします。

【写真】“脚が本体”のコスプレイヤー紗雪「アニメとかの公式コスプレイヤーをやりたい!」【写真24枚】

――物事を突きつめるとか、追求していく気質っていうのは昔からのものですか?

 うーん、単にヲタクっていうだけだとも思うんですけど(笑)。

――ヲタクっていうのを意識したのはいつぐらいから?

 アニメとかをちゃんと見始めたのは中学生ぐらいからだったんですけど。深夜アニメとかは全然見ていなくって、朝やってるような、普通の健全な。いや、深夜のアニメが健全じゃないとは言わないんですけど(笑)。『ワンピース』とか『名探偵コナン』みたいな枠の、ゴールデンでやってるようなアニメを見ていて。その頃は、コスプレっていうより絵を描きたくて……。

――名前の原点にもなった絵を描く行為ですね。じゃあ、最初は漫画家になりたかったり?

 一時期、漫画家になりたいとも思ってたんですけど、漫画家になろうと思って漫画を描き始めたら白紙で止まったので。あれ、コマ割れない! って思って。分かんない! って(笑)。同人誌も出したことあるんですけど、意味分かんないなと思ってやめました(笑)。

――そっちじゃないと(笑)。

 イラストだなって(笑)。イラストは描いていたんですけど……。大学も美術系の大学に行こうとも思ったんですけど、そこまで上手じゃない、発想力とかセンスとかがないなっていうのが自分でも分かっていたので。

――イラストはどんなものを描かれるんですか?

 アニメを見て、そのキャラクターの絵とかですね。

――描き始めると没頭しちゃう感じ?

 そうですね。気づくと8時間とか。

――8時間!? それは1枚のイラストで?

 1枚の絵ですね。1枚の絵にすごく時間がかかるので。下手くそなんで、一生懸命がんばって描いて……。絵によっては何日もかかる場合も。

――コスプレと同じように完璧にやりたいと……。

 うーん、単純に描くのが遅いって話もあると思うんですけど(笑)。一生懸命すごい凝ったものを描いてるっていうよりは、描きたいものを描いてるだけなんだけど、ものすごく時間がかかってる、みたいな。本描きするまでに、一回下描きして、もう一回下描きして、もう一回下描きしてからやっと描くみたいな(笑)。コスプレの衣装を作るときもそんな感じですね。ゆっくりじっくりっていうよりは丁寧に(笑)。適当とか、そういうのはダメなんで。ふんわりとかが苦手なので。水彩画が苦手みたいな。ボンヤリさせるのが苦手みたいな。なんか、「雰囲気だよー」とか、「じんわりさせていい感じになればいいんだよ」って言われて描いたときに、「え、じんわりってなに? いい感じってなに?」って(笑)。

――なるほど。

 でもね、ふんわりさせたい自分もいるんですよ。そういう矛盾の中で描いていくと意味分かんない絵が完成して、自分でも「うーん。違うな」って(笑)。最後、“うーん……”って思いながらも投稿とかして、「いいね!」って言われると、ああ、いいのかあって(笑)。受け入れちゃう。

――コスプレと一緒ですね。途中、“これでいいのかなあ”と葛藤を覚えながらも、やってみたら“こんなに楽しいことはない!”っていう(笑)。

 そうですね。要は周りに影響されやすい……。

――あ、そういうことですか!?

 自分に自信がないのかもしれないですけど……。

――誉められて伸びるタイプということで(笑)。

 そうかもしれないです。誉められるのはうれしいです(笑)。

――今後の野望などはありますか?

 コスプレイヤーとしては、アニメとかの公式コスプレイヤーをやりたいですね。イベントとかでステージに立ったりはするんですけど。好きな作品とか、新しく出る作品の公式のコスプレイヤーを任せていただけるようなレイヤーになりたいなあっていうのはありますね。名前のある人はみんなやってますし、私よりキャリアが短い人でもやってる人がいるので(笑)。

――もう時間の問題とも思いますが。

 まずは声をかけていただくのが目標です。で、グラビアのほうでは、やっぱりいきなり表紙っていうのは難しい、「これ誰!?」ってなっちゃうので(笑)。その前の段階として、まずは誌面のグラビアページとかに出てみたいなって。

――あとは、写真集とかDVDも。

 出したいです! 出したらどんな反応が来るのか。周りのコスプレイヤーで、コスプレの写真集を出してる子はたくさんいて、けっこうザワザワするんですけど、グラビアのDVDを出すって言っても、周りはそうザワザワはしてくれないはずなので(笑)。

――ハハハ。未知なる領域と(笑)。

 コスプレ前、変身前の姿の私に需要があるのかと。ツイッターに動画を載せるときとか、だいたいふざけているので。ふざけているやつじゃない、真面目にグラビアやっているのは需要があるのかっていう(笑)。

――いやいや、当然あるはずです。今後のご活躍を期待しております。

PROFILE

紗雪(さゆき)

1995年8月21日生まれ、東京都出身。

T168・B84W60H86

特技/絵を描くこと、画像加工(フォトショップ)


(取材・文=織田祐二)

【関連記事】

・緒方咲は8位、1位は驚異の新人!?「水着グラビア」7月の人気記事ランキング

・戸田れい、葉加瀬マイ、森咲智美ほか、グラビア界を席捲する“お姉さん系”とは!?

・カルト映画『ザ・オーディション』を松江哲明監督が語る!

・藤堂さやか「私史上1番、露出した夏」はハプニングだらけ!【写真16枚】

・【占い】深田恭子の結婚は2019年~20年にアクシデントのように決まる!?