水沢柚乃
水沢柚乃

 8月16日発売のEX大衆9月号に撮り下ろしグラビアが掲載されている水沢柚乃。本サイトでは5回にわたってインタビューを掲載する。

【写真】水沢柚乃「10秒グラビア」でフォロワー激増のきっかけはヒマだったから!? 独占インタビュー1/5【画像8枚】

水沢柚乃独占インタビュー1

――16歳のときにこの世界に入ったわけですけど、これまでの4、5年って、だいぶ濃いですよね(笑)。

 そうですね。めちゃくちゃ濃いかも、です。

――声優ユニット「マジック&メイデン」もやられていましたし(2015年~2017年)。

 やっぱり最初のほうはかなり大変なことがあったんですけど、最近は結構安定してきたかなっていうのが実感ですね。やっとというか。

――21歳にして(笑)。

 ちょっとずつ(笑)。前に比べたら、ゲーム方面とグラビア、両方でお仕事もいただけるようになりましたし。

――最初の頃の一番のとまどいというのは?

 SNSのフォロワーもあんまりいなかったですし、そんなに仕事もなく……。その時期が大変でしたね。

――アイドルへの興味っていうのは子どもの頃からあったんでしょうか。

 もともと興味はそんなにはなかったんですけど、徐々にというか。最初にグラビアが好きになって、いまの事務所に入って。それで、アイドルの仕事にも興味が湧いてきて、アイドルユニットを試してみようっていうことで、声優アイドルのユニットに入れさせていただいたんですけど、あんまり音楽が得意じゃなくて(苦笑)。

――ハハハ。苦手なことに気づいたと。

 歌が得意じゃなくて、毎回泣きながらレコーディングしたりしてました(笑)。

――柚乃さんにとって得意なのはやっぱりゲームであり、“おやすみ水着”や“10秒グラビア”などのアイディアや仕掛けのほうだったんですね。

 いや、アイディアとかもあんまり得意ではなかったんですけど、仕事をどうにかして増やさないとってめちゃくちゃ悩んだ時期があって、いろいろ考えた結果として。

――事務所に言われたとかじゃなくて?

 仕事が少ないと、暇で家にいるじゃないですか。家にいる時間に何をしようって思ったときに、フォロワー増やすのが一番いいなって思って始めましたね。

――ゲームをやるときは10時間ぐらいやるという柚乃さんですが、同じようにグラビアについても真剣に長時間考えたりも?

 考えてますね。SNSもめちゃくちゃチェックしますし、常に載せる用の写真とか動画を撮ってるんで。

――参考にしてる人とかいるんですか。

 やっぱり事務所の先輩でもある、倉持(由香)さんぐらいですね。

――倉持姉さん様々って感じですね。他の人はあんまり見ないですか?

 あんまり見ない、かな(笑)。参考にする人はユーチューバーの方とか。仲いい人がいたりするので、会ったときに、どうやってチャンネル登録者数を増やすかとか、そういう話をすることは多いですね。やっぱり同じような考え方をしてる人が多いので。

――いろいろ得るものが大きいと。

 そうですね。とにかくみんなとお仕事の話をするのがすごい好きなんですよ。

――ちなみに目標の数字はありますか?

 いま(7月上旬)、総フォロワー数が60万ちょっとぐらいなんですけど、インスタが最近あんまり伸びなくなってきてて。

――そうなんですか?

 ひたすらアナリティクスを見て、数字を把握して、いろいろ考えてる段階で……。

――アイディアマンとしては次の戦略なども考えて。

 そうですね。とりあえず、中国のSNS、ウェイボーを始めたり。今年、一応目標として総フォロワー100万を目指して……。

――年内中なら十分行けそうですが。

 頑張れば、行けなくはないとは思うんですけど。

PROFILE

水沢柚乃(みずさわゆの)

1998年2月20日生まれ、静岡県出身。

T157・B82W58H83

趣味/ゲーム(全般)、ゲームセンター通い、ラーメン食べ歩き、コスプレをしてツイッターに載せること

特技/ゲーム全般(サウンドボルテックス、ドラムマニア、ユビート、ドラクエ、チュウニズム、maimai、Cytus)

(取材・文=織田祐二)
 

【関連記事】

・馬場ふみか、京本有加、原幹恵ほか「新潟県出身」のグラビアアイドルたち

・戸田れい、葉加瀬マイ、森咲智美ほか、グラビア界を席捲する“お姉さん系”とは!?

・紗綾、アンジェラ芽衣、森咲智美、佐山彩香…芸能界を席捲するランナー・アイドルの実力は!?

・大原優乃、土屋太鳳、鈴木愛理…弟を溺愛するアイドルたち(超うらやましい!)

・酒井若菜、手島優、小池里奈…一時代を確実に作った栃木県出身のグラビアアイドル