石田ゆり子
石田ゆり子

 何気なく過ぎていく1日も、人類史を紐解いてみれば、それは奇跡と偶然に満ちたオンリー1なひとときに他ならない。はたして今日はどんな歴史的記念日なのか? そんなアニバーサリーな1日を、縁の深い美女とともに巡っていこう。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

■9月1日 キウイの日 まなこ(Q‘ulle)

「9=キュー、1=イ」という語呂合わせから、キウイの輸入販売で知られるゼスプリ・インターナショナル・ジャパンが提唱するこちらの記念日。同社と言えば、キウイを模したマスコットによる脱力系CMでおなじみだが、そこに登場して話題を集めたのが、アイドルグループ・Q‘ulle(キュール)のまなこだった。

 『アゲリシャス』なる新曲のミュージックビデオ風に作られた新CM内で、2体のマスコットを率いて中央でダンスを披露しているのが彼女。歌のお姉さんを彷彿とさせるさわやかなキャラ設定で、踊りもシンプルかつマネのしやすい内容だったが、実は彼女が所属する「Q‘ulle」は、ニコニコ動画内で一大ムーブメントを巻き起こした「踊ってみた」の渦中にいた面々が集まって結成した異色のグループ。その人気はすさまじく、国内だけでなくアジアツアーも成功させた実績の持ち主だ。それだけに、彼女本来のダンスはキレッキレかつ、超キュート。キウイなみに甘酸っぱい気分に浸れるパフォーマンスは、ぜひ一度ご覧あれ!

■9月2日 宝くじの日 石田ゆり子

「9=キュー、1=イ」に続き、こちらも「9=く、2=じ」というシンプルな語呂合わせから制定された記念日。ということで、こちらの美女もCMがらみでピックアップしたい。“くじ”と名のつくものは各種あるが、印象的な美女がCMを彩っているのが、スポーツくじのBIGだろう。出演するのは、時間の法則を無視した半永久的美貌の持ち主・石田ゆり子。「あの人もBIG」というシリーズにて、くじ売り場の店員に扮する彼女の下に、さまざまな有名人が訪れる内容になっている。こんな美女がほほ笑みながら手渡してくれるくじ……そりゃ、外れるわけがないでしょう!!

■9月3日 ホームランの日 ホームランなみち

 王貞治がホームランの世界新記録を樹立したのが1977年のこの日。「ホームラン」と言えば、野球選手のスイングものまね、通称“まねスイング”で人気のホームランなみちをご存知だろうか。日大芸術学部卒の29歳で、アイドルやタレントとして活動する彼女は、ものまねタレント・ホリのススメでまねスイングを始めるなり開花。その芸を伊集院光に見初められ、同氏の番組にレポーターとして抜擢されるなど活躍の幅をぐんぐん広げている。

 ちなみに、パチンコ・パチスロ好きとしても知られており、関連番組への出演がメインのお仕事。そこでは「勝利の女神」「縁起のいいアイドル」とも呼ばれているので、宝くじを買う際も、一度彼女のSNSをチェックするといいかも!?

■9月4日 クラシック音楽の日 小林萌花(BEYOOOOONDS)

「9=ク(ラ)、4=シ(ック)」の語呂合わせが語源だが、厳密には1990年に開催されたコンサートの名称がこの「クラシック音楽の日」。芸能界のクラシック好きの中でも、若手屈指と言われているのが、過去にピアノの全国コンクールで1位を受賞した経験も持つ、アイドルグループ・BEYOOOOONDSの小林萌花。今年の8月7日にメジャーデビューしたばかりの彼女は、音大付属高校を経て現役の音大に進んだ才女で、現在も音大生とアイドルの二足のわらじで活躍している。ちなみに、彼女が所属するグループのメジャーデビューシングル『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』は、オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得している。今後注目度大の存在だ!

■9月5日 石炭の日 勝田里奈(アンジュルム)

 石炭はクリーンなエネルギーであることをアピールすべく、1992年に「9=ク(リーン)、5=コ(ール)」の語呂合わせで制定。省エネが重視されて久しいが、芸能界屈指の“省エネアイドル”と言われるのがアンジュルムの勝田里奈。本人はやる気マンマンと話すものの、それとは裏腹なほど常に脱力感を漂わせる彼女は、その雰囲気から“省エネアイドル”“かったりーな”の愛称で親しまれている。残念ながら今月25日に開催されるパシフィコ横浜公演を最後にグループ卒業を発表しており、そのまったり感を味わえるもあと少しとなっている。

■9月6日 妹の日 頓知気さきな(femme fatale)

 漫画家で「兄弟姉妹型」研究の第一人者としても知られる畑田国男氏が、「妹の可憐さ」に通じるおとめ座の期間(8月22日~9月22日)のちょうど真ん中の日であることから、この日を妹の日に制定。妹系から本物の妹まで、芸能界にもさまざまな妹がいるが、一部から「世界一かわいい妹」と絶賛されているのが、2人組アイドルユニット・femme fatale(ファム・ファタール)の頓知気さきな。相方は最近、少年院出身アイドルとしてバラエティー番組にも引っ張りだこの戦慄かなので、彼女こそが実の姉だ。

 2人はセルフプロデュースの姉妹ユニットとして、作詞・作曲・振付などは姉が、衣装制作は妹が担当するという分業体制でアイドル活動を展開。すでにプチブレイクを果たしているのは姉の戦慄かなのの方だが、「2019年に流行るものは?」という質問に対して「私の妹!」と即答するなど、妹を猛プッシュしている真っ最中。姉からの溺愛を力に、妹もブレイクの波に乗れるか注目したい!

■9月7日 クリーナーの日 和田輪(Maison book girl)

「9=ク(リー)、7=ナー」の語呂合わせから、メガネクリーナー製造会社が制定。いつの時代も、常に少数だが確実に存在する“メガネアイドル”というポジション。そこで今、本格派として一目置かれている存在がVTuberであり、またアイドルグループ・Maison book girlのメンバーでもある和田輪。常にメガネを着用している彼女は、メガネ専門店用のフリーペーパーで表紙を飾った経験を持つ他、メーカーとコラボ商品を開発するなど、単なるメガネ愛用者の域を越えたメガネ愛を体現している人物だ。

 以上が今週の主な記念日。気になる美女がいたら、ぜひ深掘りしてみてほしい!

 あなたにとって、今日が特別な一日になりますように。

【関連記事】

・佐山彩香、佐藤寛子、安西ひろこ他、90年代から現在まで神奈川県出身グラドルは時代の象徴だった

・仲村美海「妖艶さナンバー1」グラビアアイドルがデジタル写真集で魅せた!

・新川優愛、後藤真希だけじゃない!ガチの一般男性と結婚したアイドルたち「アイドルと結婚できる職業」第12回

・水樹たま「ハミ出しすぎ!」むっちりデニムパンツ姿を披露

・爆売れダンサーCOCO「死ぬかと思った」恥ずかしい撮影に悶絶!【写真8枚】

記念日アイドルを探せ!