■レッドレーサーと2年で別れたデカピンクが今度はデカブレイクと再婚という奇跡

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 09年に、第20作『激走戦隊カーレンジャー』(96年)のレッドレーサー(陣内恭介)を演じた岸祐二と、第28作『特捜戦隊デカレンジャー』(04年)でデカピンク(胡堂小梅)を演じた女優の菊地美香という、作品の枠を超えた“戦隊婚”があった。出演作品の放送年は離れているが、岸は声優として、『~デカレンジャー』にも声の出演をしており、2人に接点はゼロではなかった。

 ところが岸と菊地は、2年ほどで破局してしまう。そして、菊地はそれから約7年後に再婚するのだが、興味深いのはその相手だ。2度目の結婚相手は、同じ『~デカレンジャー』で追加戦士・デカブレイク(姶良鉄幹)を演じた吉田友一だったのである。『~デカレンジャー』は人気の高い作品で、放送から10年を経て複数の新作(OV作品)が制作され、出演者が揃うイベントも随時に開催されている。そうした過程で、恋愛関係に発展したのだろう。

 第23作『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(99年)に、ゴーグリーン(巽鐘)役で出演した原田篤は、03年に16歳年上の女優の秋本奈緒美と結婚した。

 第24作『未来戦隊タイムレンジャー』(00年)の タイムレッド(浅見竜也)を演じた永井マサル(現・永井大)は、のちに人気俳優になる。そして、主演作『サラリーマン金太郎』(テレビ朝日系)で共演した、朝ドラ女優・中越典子と14年に夫婦となっている。

 第30作『轟轟戦隊ボウケンジャー』(06年)のボウケンレッド(明石暁)役の高橋光臣は、『ウルトラマンネクサス』(05年)にレギュラー出演していた宮下ともみと08年に特撮婚を果たした。第37作

『獣電戦隊キョウリュウジャー』にキョウリュウブルー (有働ノブハル)役で出演の金城大和の結婚相手は、その後、NHK大河ドラマ「西郷どん」の出演した小谷早弥花という女優だ。

 全体的に、戦隊シリーズの出演俳優の結婚には、あまり夜の六本木の匂いがしない。健全&堅実な職場結婚、サークル結婚が多いイメージである。

 ちなみに、戦隊シリーズ出身のメジャーな独身俳優には、松坂桃李(『侍戦隊シンケンジャー』)、志尊淳(『烈車戦隊トッキュウジャー』)、横浜流星(同)らがいる。また、近年は女性出演者に元モーニング娘。の工藤遥(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』)、元X21の尾碕真花(『騎士竜戦隊リュウソウジャー』)ら、典型的なアイドル系女優が起用される傾向もある。こうしたことから、スーパー戦隊シリーズも、男性俳優の“女性アイドルとの結婚率”は今後も上がりそうだ。

【関連記事】

・AKB48チーム8単独舞台「Bee School」公演がスタート!【写真11枚】

・リア・ディゾン「グラビア界の黒船」の紅白出場は時代をどう変えたのか

・都丸紗也華が『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場!【写真7枚】

・7位と2位の藤堂さやかを越えたのは誰!?「水着グラビア」8月の人気記事ランキング

・AKB48全国ツアー2019「福岡公演」大家志津香が客席からアンコール!【写真10枚】