■これはグループが「作らせた」映画である

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 本作はチャプター分けがされていますが、これは線で見るよりも点で見たほうがそういった素材を描きやすいからだなと思いました。線で描くとやっぱり「物語」が欲しくなるんですよ。高橋監督のAKBドキュメンタリーは震災という強烈な出来事があったからダイナミックなストーリーに否が応でもなっていました。対して本作は「点」で見せていって、その集合体が乃木坂なんだという意味合いを感じました。

 だから、西野さんの卒業もグループの中の物語ではなく、彼女自身の物語としてだけ描いているんだと思います。物語性はたしかに弱いけれども、それはこのドキュメンタリーの欠点というより、乃木坂46っていうグループの現時点がそうなんだなって思いました。だから、これはグループが作らせた映画っていうふうに見えますね。一本目ではなく、連続して制作されるからこそ生まれたんだと思います。

――監督の作家性が目立っているのではなく、乃木坂の見せ方と監督の作家性がシンクロしていたと。

 そう。シンクロしてる。作り手が1年半の間、グループをずっと見てきた眼差しの優しさが出ている作品でしたね。
 

【関連記事】

・AKB48とSTU48が合同握手会開催!STU48の全国ツアー開催も発表【写真20枚】

・SKE48北野瑠華の本誌未掲載カット6枚を大公開!【EX大衆10月号】

・STU48瀧野由美子が『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場!【写真7枚】

・日向坂46丹生明里、河田陽菜の本誌未掲載カット8枚を大公開!【EX大衆10月号】

・【プレゼント】日向坂46丹生明里&河田陽菜ほかアイドル直筆サイン入りチェキ等が185名に当たる!