SKE48大場美奈
SKE48大場美奈

SKE48の大場美奈独占インタビュー3/4

 SKE48の大場美奈が10月12日(土)から16日(水)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、 10月31日(木)から11月14日(木)に東京・紀伊國屋ホールで上演される舞台『ハケンアニメ!』に初主演で出演。本サイトでは彼女にインタビューを敢行。全4回に分けてお届けする。

【写真】SKE48大場美奈「『ハケンアニメ!』の舞台とSKEの共通点は“こだわり”です!」【独占インタビュー3/4】

――現場の雰囲気はいかがですか?

 和気あいあいとしていて和やかです。タピオカを差し入れしたら「タピオカ談義」に花が咲いてました。「タピオカって第一次ブームあったよな?」とか言いながら(笑)。経験値や話の着眼点も違うので、演者の方々の話が面白いんです。アイドルの現場とは違いますね。

 稽古の合間でもいろいろと話しかけて空気感を作ってくれています。私が分からないところがあったら、山内圭哉さんが来てくださったりして、すごくやりやすい環境でやらせてもらっています。

――今回演じるアニメ制作現場とSKE48との共通点があるとすればどこでしょう? 

「こだわり」ですね。アニメ監督が納得いかないところがあったらOKが出るまでやり直していかないといけないところはSKE48に通じるのかなと思います。SKEもパフォーマンス完全主義の集団で、舞台で歌って踊れて見せられるモノじゃないといけないっていう伝統があるので、「妥協しない」ところは似ていますね。

――制作進行というポジションは誰にあたりますか?

 マネージャーさんかな。アニメの監督がダンスの先生だったり演出の方だったりしたときに、アニメーターはメンバーたちで、それを支える役割の制作進行はマネージャーになるかなと思うので。

――改めてマネージャーの方々は大変だなと思ったりしますか?

 難しいだろうなって思います。大人は理屈が通っていれば納得してもらえますけど、SKEは大人ばっかりじゃなくて若い子もたくさんいるので。最近の子は怒っても逆効果なんですよね(笑)。

――ちなみに若いメンバーにはどのように接していますか?

 「怒らない」っていうこともそうですけど、だからといってまったく怒らないのも違うと思っているので、怒るときは怒らないと。「どうせ怒らないだろう」って思っているところで怒られたほうが効くと思うし。アイドルも仕事ですし「部活じゃないので!」っていう意味でもね(笑)。

――舞台『ハケンアニメ!』の見どころをお願いします!

 原作のセリフが散りばめられているので、原作ファンも楽しめると思います。演劇界の一流の方々がそろっているのでそれを楽しめる面白さもあるでしょうし、私自身で言うと、全編を通しての「成長」を見ていけただければと思います。アニメを作るために、ときに走ったりときに泣いたりしているところを見て、皆さんも感化してもらえれば!

PROFILE

大場美奈(おおばみな)

1992年4月3日生まれ、神奈川県出身。

10月12日から舞台『ハケンアニメ』初主演で出演。

大阪公演/COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール 10月12日(火)~16日(水)
東京公演/紀伊國屋ホール 10月31日(木)~11月14日(木) 
HP:https://hakenanime.yoshimoto.co.jp

写真集『本当の意味で大人になるということ』(スクウェア・エニックス)発売中!

SKE48『FRUSTRATION』発売中!

11月15日公開の映画『地獄少女』御厨早苗役で出演。

(取材・文 瀬戸大希)

【関連記事】

・SKE48大場美奈、未公開グラビア【EX大衆6月号】

・SKE48大場美奈が1st写真集発売!「総選挙の上位に入って写真集を出すことが目標に」独占インタビュー1/4

・SKE48大場美奈が1st写真集発売!「タイトルは秋元(康)先生らしさを重視して選びました」独占インタビュー2/4

・SKE48大場美奈が1st写真集発売!「今年総選挙があったら7位を狙ってました」独占インタビュー3/4

・SKE48大場美奈が1st写真集発売!「来年も生誕祭をやるので卒業はまだ先です」独占インタビュー4/4

・【秘蔵カット公開】SKE48大場美奈、写真集が1週間で重版決定!