これまでの活動を振り返って「ハコムスで活動してきて病欠ゼロだったんですよ! 皆勤賞!」と、キャッチフレーズの「ハコイリムスメの元気印」が本物だったことをあらためて証明。そんなパワフルさを全面に出したような、現体制最後のオリジナル曲『ニライカナイを目指して』でお客さんたちの手を上げさせて会場の空気をより一体に。

【写真】ハコイリムスメ我妻桃実「卒業公演」完全レポート!!【写真24枚】すべての人にビッグラブを!“ぽにょ”最高の笑顔でラストライブ

 ハコムス定期公演ではおなじみのユニットコーナーでは、ソロでの『AXIA~かなしいことり~』(斉藤由貴)、吉田・井上姫月との『お引っ越し』(Qlair)、そして『星座占いで瞳を閉じて』(おニャン子クラブ)では卒業メンバーの神岡実希がサプライズ登場!

 その後のMCでは同じく1期メンバーの門前亜里鉄戸美桜も合流。カメラマンに向かって「これナタリーに載るんすか? 載せてくださいよ~」と懇願したり、ステージ上でスマホで写真撮ったりと、同期同士ならではのコミカルな空気に。

 一期メンバーが退場してからは一転して卒業公演ムードとなり、残るメンバーが我妻に書いてきた手紙を読み上げるコーナーに。まずは5期メンバー、最年少の山本花奈は「一緒に『いちご水のグラス』を歌ったときは、一緒に歌ってる私でさえ泣きそうになるほど人に気持ちを伝える力があって、『わたしもいつかぽにょちゃんみたいになる!』と決めました」と決意を語り、それに我妻は「不器用な所もあるけど、13才なのに『聡明』って言葉が似合う」と彼女自身の魅力を伝える。

 山梨から通っている依田彩花は「桃実ちゃんはハコムスのお母さんのような存在。いつか私も桃実ちゃんに大きくて頼もしい背中を見せられるようなメンバーになりたい」と目標としての我妻を語れば、「あやちょは言葉を使わずとも周りを見て『こうすればいいのかな』って動ける、聞き分けがいい子。やりたいようにやってごらん!」と安心させるように語りかける。

【関連記事】

・ハコイリムスメがロックンロールにのって颯爽登場!5期生がステージデビュー【写真11枚】

・tipToe.都塚寧々の日記「何度も言ったかもしれないけど、世界一好きなアイドル。」

・ハコイリムスメが初ワンマンLiveで見せた、アイドルの普遍の輝き

・tipToe.都塚寧々の日記「友達って良いなとしみじみ感じた1日」「三十五度九分の日々 第19回」

・【写真22枚】tipToe.6人最後の夏!6thワンマン「Colorful」で彩り鮮やかにトップスピードで駆け抜けた!