宮沢りえ
宮沢りえ

 何気なく過ぎていく1日も、人類史を紐解いてみれば、それは奇跡と偶然に満ちたオンリー1なひとときに他ならない。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 はたして今日はどんな歴史的記念日なのか? そんなアニバーサリーな1日を、縁の深い美女とともに巡っていこう。

■10月20日 頭髪の日 樫野有香(かしゆか)

「10=とう、20=はつ」という語呂合わせから記念日が制定されたこの日は、同様の語呂から「ヘアブラシの日」などにも選ばれている。髪型は衣装と同様、その女性の個性を印象付ける大切なパーツ。ということで、ここでは特になめらかなロングの黒髪が印象的な、Perfumeの「かしゆか」こと、樫野有香をピックアップ!

 広島のローカルグループからスタートし、今や押しも押されもせぬ世界的なアーティスト集団へと成長を遂げたPerfume。その中で印象的な黒髪ロング&前髪パッツンヘアーを持つのが樫野だ。髪の手入れが趣味と発言するなど、普段から完璧なケアが施された黒髪は、それだけでも十分に見とれてしまうほどの美しさ。頭髪の大切さをもう一度確認したい、こんな記念日には最適!

■10月21日 早稲田大学創立記念日 宮本真智

 日本における私大の最高峰と言うべき早稲田大学(の前進である学校)が、1882年のこの日に創立されたことを由来とする。そんな早稲田に所縁の深い美女の中からフレッシュなルーキーを。

 今年NHK鹿児島放送局に入社したばかりの宮本真智を取り上げてみたい。大分県出身で、大学在学中からタレントやレポーターとしても活躍していた彼女。早稲田大学では文化構想学部を卒業しており、フジテレビの宮澤智宮司愛海、そしてフリーアナウンサーの岡副麻希など、そうそうたる人気アナの後輩にあたる。人気と実力を兼ね備えたアナウンサーが多いNHKで、今後どのような成長を遂げてくれるか注目したい!

■10月22日 アニメの日 宮沢りえ

 1917年に、日本で初めてアニメが制作されたことから、その100年後の2017年に制定。アニメ大国として知られる日本では、毎年膨大かつ良質な作品が多数制作されている。人気声優もその数に比例するように多いわけだが、ここでは、意外なキャスティングで話題になっているこちらの作品を取り上げたい。アニメ映画『ぼくらの七日間戦争』だ。

 元となる作品は、1985年に発表された原作小説を下地に、1988年に公開された実写映画。ここで初主演を飾った宮沢りえが、その後国民的アイドル女優へと駆け上がって行ったことは、一定以上の年齢の方ならば周智のところだろう。今回、そんな名作がアニメ映画として生まれ変わるのにあたって、宮沢りえが当時と同じ「中山ひとみ」役でキャスティングされており、80年代の実写作品と本作におけるつながりをほのめかすなど、当時のファンも注目の作品となっている。往年のファンとしては、中山の愛車(!?)である「エレーナ」の再登場にも期待したい! 気になる本作は12月13日からロードショー。

■10月23日 津軽弁の日 RINGOMUSUME(りんご娘)

 主に東北の津軽地方で使用される方言・津軽弁。それを使った方言詩を作り上げた高木恭造の命日から制定された記念日。方言がいち地方のマイナーな言語などと思われていたのも今は昔、方言をしゃべれるということは、今では重大な個性であり、生まれ育ったバックボーンを明確にするキーパーツとなっている。中でも津軽弁のキュートさが魅力をさらに倍増させていると話題なのが、青森県弘前市を拠点にするダンス&ボーカルグループのりんご娘である。

 グループの歴史は古く、結成は2000年までさかのぼる。弘前アクターズスクールプロジェクトから誕生したユニットで、地元青森が世界に誇るりんごを世界にアピールするべく活動を展開。地元とりんごに対する愛情はすさまじく、メンバーの名前はとき、王林、ジョナゴールド、彩香と、すべてがりんごの品種名からとられているという徹底ぶり。今年発売された20枚目のシングル『JAWAMEGI NIGHT!!』にも、「JAWAMEGI=じゃわめぎ=ゾクゾクする」という方言も用いられている。

■10月24日 文鳥の日 日南響子

「10=て、2=に、4=し(あわせ)」という語呂と、手乗り文鳥のひなが市場に出回る10月をかけた記念日。そんな日にピッタリなのが、文鳥4羽、錦華鳥6羽と同棲生活を送っていることをテレビで公表した、女優でモデル、歌手の日南響子だろう。

 ミュージシャンの父母の下に生まれ、出生前から芸能界デビューを宿命づけられていたという彼女。ティーン向け雑誌『ニコラ』(新潮社)を皮切りに、『non-no』(集英社)の専属モデルなどとしても活動し、一方では気鋭のシンガーソングライターの顔も。加えて、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)などでのグラビア活動に多数のバラエティ番組出演など、多彩という言葉がピッタリの活動を展開中。ちなみに、2枚目の配信シングルには『我が名は文鳥』なるタイトルをつけており、まさに今日この日にこそ聴いておきたい楽曲となっている。

■10月25日 産業観光の日 虹のコンキスタドール

 2001年のこの日、名古屋で産業観光サミットが開催されたことを記念して制定された。“ものづくり”の心はアイドル界でも重視されており、その筆頭として名前が挙がるのが、イラスト投稿のSNS「pixiv」が主導し、「クリエイティブな現場でも活躍できる次世代のアイドル」を育成する目的で誕生した虹のコンキスタドール。

 アイドルグループとしてステージで活躍するほか、声優チーム、イラストレーターチーム、コスプレイヤーチームなど、それぞれの得意分野でクリエイターとしても活動。単なる“アイドルの特技”といったレベルをはるかに超越した実力に、驚かされること必至だ!

■10月26日 デニムの日 ベストジーニスト2019候補

「10=デ、26=(ニム)」という、いささかルーズな語呂合わせから誕生したこちらの記念日。デニムと言えば、日本ジーンズ協議会が主催するベストジーニスト賞は、毎年秋の風物詩。2018年まで怒涛の3連覇を果たした菜々緒が殿堂入りとなって迎えた今年、当記事執筆時はまだ中間発表のみだが、1位・新木優子、2位・山本美月、3位・今田美桜となっている。いずれ劣らぬ美貌とスタイルの持ち主ばかりだが、かねてから大のデニム好きとして知られ、私物のデニムを床一面に敷き詰めてご満悦なカットが話題を集めた新木に対し、後続の美女たちがどう追い上げをみせるかに注目したい!

 以上が今週の主な記念日。気になる美女がいたら、ぜひ深掘りしてみてほしい!

 あなたにとって、今日が特別な一日になりますように。

【関連記事】

・【プレゼント】欅坂46小林由依ほかアイドル直筆サイン入りチェキ等が182名に当たる!

・欅坂46土生瑞穂の天然バラエティ能力に「これ一生見てられますね」ハライチ澤部が賛辞

・乃木坂46の1期生は8年目でも「期別対抗バトル」で超本気!

・HKT48栗原紗英の本誌未掲載カット4枚を大公開!【EX大衆11月号】

・音羽紀香「ふんどしルック」衝撃の露出度がすごい【写真28枚】

記念日アイドルを探せ!