めろん畑 a go go
めろん畑 a go go

 10月17日、めろん畑 a go goがワンマンライブ「SICKxIDOLSxSICK Final Game」を Zepp DiverCity TOKYOで開催した。アメコミ映画風なマスクとロカビリーやガレージパンクなどをベースにした楽曲が特徴で、今年1月に日本コロンビアからメジャーデビュー、TOKYO IDOL FESTIVALにも初出場とこの一年で人気上昇中のめろん畑。

【写真】めろん畑 a go go“ロッキンなマスクアイドル”が、新たな仲間とワンマンライブを開催!【写真22枚】

 とはいえ今回のワンマン会場・Zepp DiverCity TOKYOは普段都内のライブハウス中心に活動しているめろん畑からすると、史上最大のさらに上レベルの大会場。その大ステージに負けないパワフルなライブを見せた。

 オープニングを飾るのは『I WAS A TEENAGE ALIEN』。Zeppという大会場の一曲目にふさわしいスケール感のあるナンバー。「そうさ僕らはエイリアンなのさ 君をここから救いだす」とこの会場にたどり着いたファンに誓うようなメッセージが胸に響く。

 4人は黒衣装にいつものアイマスク。これまでにない広い会場を駆け回る際に見せる笑顔からは、いつも以上にこみあげるような思いが伝わってくる。続いて『IDOL FROM PLAN9』でステージにフロアに雄叫びが上がり、『SFホラー』『She Said』と台詞多めの曲で、めろん畑ならではの世界観にZeppを染めていく。途中からマスクも脱ぎ捨て、表情もより豊かに。

 狭いライブハウスが似合うアンダーグラウンド感もめろん畑の魅力だが、大ステージでも違和感ないほどの存在感とパフォーマンス力を4人が身につけたのをこの日は感じさせる。堂々と歌声を響き渡らせるルカタマ、クールさとアイドル性の二面性ある表情が魅力の崎村ゆふぃ、この日から髪色変えてボーイッシュさと力強さ増した琉陀瓶ルン、そしてフロアとのコミュニケーション力が高い中村ソゼ、この4人ならではのZepp公演を作り上げる。

『灼けたらマッハ』『Change The Wolfman』『IDOL CATS』『HORROR BILLY NIGHTS』と人気ナンバーで会場の空気を盛り立てた後、一度メンバーはステージから降り、代わりに登場したのはMC MASA、そしてバーレスクダンサーのMiwaRock。アイドルライブらしからぬ妖艶なムードから、男女問わず笑顔あふれる空気に持っていくダンスタイムが幕間にあるのはめろん畑のライブならでは。

 そして後半、1曲目は最新シングルの表題曲『Final Game -Idol of the phantasm-』。4人の衣装は前半から一転、ファンタジーな雰囲気のカラフルなものに。後半は『マニアック』『GPC』と新曲も披露し、『NIGHTMARE BEFORE VAMPIRE』ではライブではおなじみの電撃ネットワーク風なダンス、『TRAIN』では観客同士がパンチし合うレッキングと時にコミカル、時にワイルドなやり口で会場の一体感を高めていく。本編ラストは『SICK IDOLS』、4人とファンとともに声あげてのMIXをZepp中に轟かせて締めくくった。

 アンコールではオープニングアクトで登場したThe Grateful a MogAAAzとめろん畑総勢11人が登場して『Go Go Mansion』『Surfin' bird』の2曲を披露。広いZeppのステージを制圧するマスクアイドルの姿は圧巻。そしてダブルアンコールで最後に歌ったのはセルフタイトル曲『めろん畑a go go』。このステージに立つまでの努力を彷彿とさせる歌詞に見ているほうも涙ぐまされる。ライブ以外にもさまざまなイベントを開催し、アイドルにファン、そしてスタッフの距離が近いファミリー感が魅力のめろん畑。気づけば中村も泣きじゃくりながら最後の曲を歌い上げた。

 最後のMCではやや不吉なタイトル「Final Game」も「終わるわけないじゃん!」と一蹴。次のステップへと向かう区切り、を強く感じるワンマンだった。会場は満員とはいかなかったが、また都内ライブハウスを駆け巡る日に戻っためろん畑がファミリーを増やして、またここに立つ姿が見たい。

 また、このZepp公演でめろん畑の妹分グループ・The Grateful a MogAAAzがオープニングアクトを飾った。7人グループと大所帯も、ライブアイドル界で活躍してきたメンバーが多いのもあり、デビューにして既に個性際立つパフォーマンスを見せつけ、待望のライブに喜びを隠せない笑顔で初舞台を飾った。めろん畑 a go goとThe Grateful a MogAAAz、新たな仲間を得ての活動の広がりが楽しみだ。

(文・撮影=大坪ケムタ)

【関連記事】

・仲間由紀恵、国仲涼子、満島ひかり他、大女優を生み出す沖縄県はなぜグラドル不毛地域なのか!?

・AKB48「阿部マリア卒業セレモニー」を台湾・台北で開催!【写真11枚】

・関根優那の本誌未掲載カット5枚を大公開!【EX大衆11月号】

・10月22日「アニメの日」は宮沢りえとアニメを見たい!【記念日アイドルを探せ】

・白石麻衣3位、齋藤飛鳥4位、“友達にしたい”乃木坂46メンバー1位は誰!?