桃月なしこ、西原愛夏、鈴原りこ他、人の“お世話”をする兼業アイドルたちの画像
※画像は阿久津真央/本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/69098)より抜粋

 グラドルとモデル、グラドルとキャスターなど、二刀流のグラドルが活躍するようになって久しいが、ここ1、2年、とりわけ注目を集めているのが、看護師や介護士、保育士など、“人のお世話をする職業”との兼業のグラドルだろう。芸能ライターのニイゼキユウジ氏が語る。

他の水着記事を読む

「元ナースでおなじみだったと言えば、2000年代後半から10年代半ばにかけて活躍した柏木美里が思い浮かびますが、現役ナースというカテゴライズで言うと、2009年にグラドル・デビューした雨宮チエあたりでしょうか。『迷宮ナース』『艶色ナース』などのタイトルのDVDをリリースして一躍話題に。

『アリケン』(テレビ東京系)などの深夜番組にもコンスタントに出演し、人気を集めましたね。最近ではなんといっても桃月なしこ。現役ナースにしてコスプレイヤーの肩書で各誌表紙やグラビアで大活躍中なのは周知のとおり。介護士や保育士などの二刀流グラドルの活躍に関しては、ここ数年と言っていいんじゃないでしょうか」

 やはり、今も昔も男にとって知名度的に憧れ的にダントツの看護師グラドルが最初に話題を呼び、その後、その派生的に介護士や保育士のグラドルが登場したというのがここまでの流れか。

「ざっと主な顔ぶれを挙げると、看護師グラドルが桃月以下、柳川あい稲垣彩夏星名こはくなど。介護士グラドルが鈴原りこ、保育士グラドルが江藤菜摘、といったところですかね。いずれも、本職でつちかった癒しの魅力と魅惑の極上ボディ、加えて一部は過剰なお世話と呼んでも過言じゃない(笑)大胆露出でグラドル・ファンのハートを急激獲得中。その勢いはとどまるところを知らず。あ、ちなみに、鈴原はカフェ店員もやっているようで厳密には三刀流です(笑)」(前出・ニイゼキ氏)

 筆者的には、現役歯科衛生士グラドルとして人気上昇中の西原愛夏、現役マッサージ師にして耳つぼ講師(そういう資格があるのね)で、同じく人気上昇中の水原乙、さらには、残念ながらグラビアは卒業したものの介護福祉士との二刀流で活躍中の元トップグラドル・村上友梨にも注目したいところだが。最後に、「あえて」と断りつつ、芸能評論家の三橋りの氏が語る。

「一部で、現役保育士グラドルの、子どもたちに与える影響について取り沙汰されていますが、それほど深く考えなくてもいいのでは。江藤菜摘の場合、水着仕事はいまに始まったことじゃなく元々2016年頃からコンテスト出場などの活動をしていますし、両立するうえでのモラル的配慮は、相応に考えて活動しているはず。AVとの兼業は問題があるとも思われますが、グラドルとの兼業はそう問題視することじゃないでしょう」

 グラドルという仕事を長年見てきた者からすると、「グラビア=100%悪」という認識を無条件に持ってこられると「ちょっと待っていただきたい」となってしまう。現状、しっかり両立させている彼女に対し、変に水を差すのはいかがなものかというわけで、それこそ余計な“お世話”とも――。

 話がやや脱線した感もあるが、“人のお世話をする職業”との二刀流グラドルの人気、支持、ニーズは、グラドルの新たなポテンシャルの意味でも今後確実に上がっていくことだろう。二刀流でのさらなるお世話ぶりに期待を寄せつつ、その動向をあたたかく見守りたい。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・宮脇咲良、ちとせよしの、忍野さら他「ウンチ」なアイドルを探せ!!

・「デートなうに使っていいよ」「10秒グラビア」「勝利のグラビア」…アイドル界を席捲するSNS潮流まとめ

・仲間由紀恵、国仲涼子、満島ひかり他、大女優を生み出す沖縄県はなぜグラドル不毛地域なのか!?

・有村藍里、水沢アリー、森下悠里ほか「整形をカミングアウト」したアイドルたち

・乃木坂46松村沙友理、NMB48井尻晏菜ほか「二次元好き」アイドル新世代が台頭!