モリワキユイ
モリワキユイ

モリワキユイ NIG2019優勝インタビュー1/5

 今年から始まった次世代アイドルの頂点を決めるアイドルイベント、NEXT IDOL GRANDPRIX。200組以上のアイドルがエントリーした中、頂点に輝いたのは山口県のローカルアイドル、Yamakatsuのセンターとして活躍しつつ、ソロとしても活動するモリワキユイ。EX大衆12月号に掲載しきれなかったインタビュー完全版を5回にわたってお届け!

【写真】次世代アイドルの頂点モリワキユイ「山口からメンバーがファンと一緒にバスで応援に来てくれました!」【写真44枚】NIG2019優勝インタビュー1/5

――NEXT IDOL GRANDPRIX初代グランプリおめでとうございます! あれからグランプリの実感を噛み締めてますか?

「あれからたくさんの人に『おめでとう!』って言ってもらって、いっそう実感が湧いてきました! 最終結果が発表されたライブの日はずっとドキドキしてて、朝から心臓が痛くてごはんも食べれなくて。でも発表の瞬間がいちばんドキドキでしたね……」

――でもそこまでにTwitter RT部門・動画LIKE部門で選ばれてましたよね。「これはいけるんじゃ……」とは思ってなかったですか?

「いや~、期待もしてたんですけど、でもやっぱり最後まで勝負ってわからないじゃないですか? もちろんグランプリを獲りたいって気持ちはありましたけど、本当に獲れるかどうか、最後までドキドキしてました」

――こういう競い合いに対するプレッシャーは強い方ですか?

「強いほうなんですけど、緊張するタイプで(笑)。もうガッチガチでしたね! しかもライブの時間が夜の19時台だったんですけど、朝の10時から会場に入ってたんで、朝からずーっと落ち着かない状態だったんですよ!」

――そしてついにグランプリで自分の名前が呼ばれた時はどんな心境でした?

「最初は自分のことだと気づかなかったんですよ。でもファンの方がすごい喜んでくれてたので、『私だったんだ……』って確認しました(笑)」

――意外とそういうもんなんですね(笑)。

「みんなの反応で優勝したんだってわかってからは、その日はもうすごい興奮状態で。私もですけど、わたし以上にYamakatsuのメンバーのほうが泣いちゃって(笑)」

――今回のNEXT IDOL GRANDPRIX挑戦をみんな一丸となって応援してましたもんね。

「当日はそういう興奮冷めやらぬ感じだったんですけど、そのあと実家に帰ってから家族だったり、ライブする間に来れなかったファンの皆さんに『おめでとう!』って言ってもらったりして、それで優勝したんだなって実感がしみじみ湧きましたね」

――ライブの盛り上がりも素晴らしかったです。アイドルの王道なパフォーマンスに、ファンの勢いも凄くて。

「今回ソロの参加だったんですけど、グループのファンみんなが応援してくれて、ライブは本当に心強かったです。山口からもメンバーと一緒にファンの皆さんがバスツアーで来てくれたんですよ!」

――ほとんど甲子園球児と応援団ですね(笑)。

「行きは決勝ライブ前日に新幹線移動だったんですけど、帰りはみんなで楽しくバスで帰りました(笑)」

PROFILE

モリワキユイ(もりわきゆい)

 1995年4月24日生まれ、山口県出身。Yamakatsuからソロアイドルとして2017年に活動をスタート。テクノポップの爽快な楽曲で、どこまでも自由で不思議な「モリワキワールド」を展開するライブは必見。

(取材・文=大坪ケムタ)
 

【関連記事】

・「モリワキユイ」が優勝賞金1000万円のアイドルコンテストで初代グランプリ受賞!!【写真11枚】

・今泉佑唯が表紙&グラビアに登場!クリアファイルとポスターつき【EX大衆12月号】は11月15日発売!

・乃木坂46個人PV屈指の人気作・伊藤万理華「まりっか’17」の“アイコン性”【乃木坂46「個人PVという実験場」第1回2/4】

・IZ*ONE票不正疑惑をK‐POP愛好家・本橋信宏はどう見る!?

・最強の二次元ボディ伊織いお「“セクハラ面接”はグラビアよりも恥ずかしかった」【写真11枚】独占インタビュー4/4