モリワキユイ
モリワキユイ

モリワキユイ NIG2019優勝インタビュー3/5

 今年から始まった次世代アイドルの頂点を決めるアイドルイベント、NEXT IDOL GRANDPRIX。200組以上のアイドルがエントリーした中、頂点に輝いたのは山口県のローカルアイドル、Yamakatsuのセンターとして活躍しつつ、ソロとしても活動するモリワキユイ。EX大衆12月号に掲載しきれなかったインタビュー完全版を5回にわたってお届け!

【写真】次世代アイドルの頂点モリワキユイ「賞金1000万円で空を飛びたい!」【写真44枚】NIG2019優勝インタビュー3/5

――ソロでの結果を出し切ってのグランプリですね。ライブも高評価でした。

「特にライブは誰にも『負けたくない!』って思ってましたし、ライバルだけど他のアイドルのファンの方も思わず笑っちゃうようなステージを見せたかったので、それは実現出来たんじゃないかと思います」

――モリワキさんは、こういう他のアイドルと競い合うようなイベントは初めてでした?

「ソロでは初めてです。実はめちゃめちゃ負けず嫌いなんですよ(笑)。グループでも一番なんじゃないかな」

――ソロではふわっとかわいい感じなのに! そこはアグレッシブなYamakatsuの血ですね(笑)。

「競争とか燃えるタイプなんですよ。だからこういう形式は向いてたと思いますね!」

――NEXT IDOL GRANDPRIXの賞金は1000万円! その使い道ですが、受賞前から「プロモーションに全額使いたい」とおっしゃってましたよね。

「そうですね! 来年春に新曲を発表出来るように今準備してまして、そのPVや宣伝に今までやれなかったことを派手にやっていきたいです。ソロのコンセプトに『世界観を大事にする』っていうのがあるんで、MVにCGなんかもっと使ってより自分の伝えたい世界を届けたいですし、ライブももっとでっかい所でセット組んだり……私、空飛びたいんですよ(笑)」

――え! それは宙吊りとか?

「宙吊りとかもやってみたいし、とにかくみんなをビックリさせることをしてみたいです!」

――授賞式でいきなり1000万円を渡されてましたけど、重かったですか?

「突然だったので『え、ホンモノ~?!』ってびっくりしました(笑)。スタッフさんに『持って帰りますか?』って言われたんですけど、さすがにあれを山口までバスで持って帰るのはつらいので、『ちょっと怖いので後日でお願いします!』ってお願いしました(笑)」

――やはり振り込みで(笑)。今回の受賞の副賞で様々なプロモーション活動も与えられますが、やってみたいことはありますか?

「雑誌とかにもどんどん出ていきたいし、とにかく注目されることが大事ですよね。ライブには自信があるので、もっとたくさんの人に知ってもらえるようにいろんなアプローチをしていければなと思います」

――NEXT IDOL GRANDPRIXを経て、様々なメディア出演も増えると思いますが、具体的に出てみたいメディアとかありますか?

「テレビに出たいですね、やっぱり。山口県で活動してるので、山口の人たちにも『スゴイんだぞ!』って言いたいですね」

――全国区の番組に出ると、それまで知らなかった地方の方からも注目度上がりますからね。

「やっぱりそれはあります! 山口県もそうですし、NEXT IDOL GRANDPRIXを盛り上げていきたいなと思ってます。私がグランプリになったことで、次世代のアイドルさんが活躍する場所を作れたらいいなあ。そのためにもわたしが活躍して次に繋げていきたいです!」
 

PROFILE

モリワキユイ(もりわきゆい)

 1995年4月24日生まれ、山口県出身。Yamakatsuからソロアイドルとして2017年に活動をスタート。テクノポップの爽快な楽曲で、どこまでも自由で不思議な「モリワキワールド」を展開するライブは必見。

(取材・文=大坪ケムタ)
 

【関連記事】

・「モリワキユイ」が優勝賞金1000万円のアイドルコンテストで初代グランプリ受賞!!【写真11枚】

・今泉佑唯が表紙&グラビアに登場!クリアファイルとポスターつき【EX大衆12月号】は11月15日発売!

・乃木坂46個人PV屈指の人気作・伊藤万理華「まりっか’17」の“アイコン性”【乃木坂46「個人PVという実験場」第1回2/4】

・IZ*ONE票不正疑惑をK‐POP愛好家・本橋信宏はどう見る!?

・最強の二次元ボディ伊織いお「“セクハラ面接”はグラビアよりも恥ずかしかった」【写真11枚】独占インタビュー4/4