HKT48
(C)AKS

 2011年に誕生したHKT48は今年で8周年。AKB48グループの原点である劇場公演をスタートした記念すべき日を翌日に控え、今年は「8周年だよ!HKT48の令和に昭和な歌合戦~みんなで笑おう八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ(笑)~」と題し、博多座で前夜祭コンサートを開催した。

【写真】HKT48が8周年前夜祭コンサート「8周年だよ!HKT48の令和に昭和な歌合戦~みんなで笑おう八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ(笑)~」を開催!

 前夜祭のテーマは<令和に昭和の歌合戦>。「春組」と「秋組」に分かれ、『青い珊瑚礁』『翼の折れたエンジェル』『フレンズ』など懐かしの名曲を披露した。また、『My Revolution』と『TRAIN-TRAIN』ではバンド演出も。歌合戦の結果は引き分けとなったが、前夜祭コンサートは大変な盛り上がりとなった。

■オープニングは『学園天国』!

 11月25日(月)、前日に<AKB48グループ特別公演>千秋楽を終えたばかりの博多座にて、「HKT48 8周年前夜祭コンサート」が開催された。今年は<令和に昭和の歌合戦>をテーマに、春組と秋組に分かれての歌合戦コンサート。

 春組キャプテンの松岡はな・秋組キャプテンの田中美久のタイトルコールを合図に、大階段から全メンバーが登場し、昭和のアイドルらしいパステルカラーのトレーナーに白いスコート姿の『学園天国』でオープニングアクトを飾った。

 総合司会に抜擢された1期生で劇場公演最多出演を誇る下野由貴は、華々しいコスチュームで大階段から堂々と登場。「慣れてないからちょっと照れちゃった」と、はにかみながらも「HKT48は明日めでたく8周年を迎えますが、前夜祭の今日は昭和の名曲で8周年を盛り上げていこうと思います!」と意気込み、歌合戦がスタートした。

 森高千里の『17才』では、HKT48最年長(25歳)の坂口理子がフレッシュな研究生メンバーに混ざって登場すると、会場からは大きな笑いとともにその美脚に歓声が起こり、『ツッパリ High School Rock‘n Roll(登校編)』では、サングラスにリーゼント、そして革ジャンに身を包んだ今田美奈田中菜津美深川舞子が登場。

 田中菜津美は「8年頑張ってきたのに、ユニットこれかよ!」とコメントして笑いを誘っていた。続く『星空のディスタンス』では本家をオマージュしたド派手な衣装の山下エミリー栗原紗英外薗葉月が登場し、会場を沸かせました。そして『仁義なき戦い」の豪華な舞台セットを使った寸劇で笑いを取りつつも、先日行われた<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>ファイナリストに選ばれた秋吉優花が『翼の折れたエンジェル』、同じくファイナリストの豊永阿紀が『フレンズ』を熱唱しました。

 後半戦、副キャプテン対決となった『My Revolution』(春組・田島芽瑠)と『TRAIN-TRAIN』(秋組・村重杏奈)では(エア)バンド対決に。「周年ごとでしか目立てないから」と自虐的な村重に対し、「1人だけ余興してない?」とツッコむ田島。「本気でしょうもないことできるのはHKT48ならではですから!」と、村重自身が誰よりもこのコンサートを全力で楽しんでいた。

 そして、春組キャプテン・松岡はなの『涙のリクエスト』、秋組キャプテン・田中美久の『Diamonds』でラストを飾り、互いが懐かしの名曲を歌い終え、いよいよ観客による拍手による判定に。すると結果は引き分けに!

 歌合戦の最後はH2Oの『想い出がいっぱい』を全員で披露し、総合司会を務めた下野由貴は「また皆さんと思い出を作ることができて嬉しかったです。これからもHKT48の応援よろしくお願いします。」と挨拶。

 アンコールでは、HKT48のアップテンポナンバーを続けて披露し、松岡菜摘は「博多座という素晴らしい場所で、こんなにくだらないことをやっても温かく見守ってくださる皆様がいることが私たちのこれからの活力になりますし、9年目もHKT48をよろしくお願いいたします!」と語り、前夜祭コンサートは大盛り上がりで幕を閉じた。

(C)AKS

【関連記事】

・NaNoMoRaL渋谷ワンマン成功!2人で築くオルタナティブアイドルの道【写真23枚】

・乃木坂46初期のMVを担った大御所クリエイターたちの功績【乃木坂46「個人PVという実験場」第1回3/4】

・現役アイドル・前田美里「『欅共和国』で欅坂46に一気にハマりました」【写真34枚】

・11月25日「OLの日」は乃木坂46新内眞衣と残業したい!【記念日アイドルを探せ】

・地元愛にあふれた高橋みなみが激推しする八王子銘菓・都まんじゅう