西野七瀬
※西野七瀬/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/57853)より抜粋

 今回、EXwebでは、調査メディア、ドットアンサー(https://dotanswer.jp/)と共同で、坂道卒業生に関する調査を男女600人に敢行。特にアイドル好きに絞って聞いたわけではなく、一般における認識を調査した。本サイトでは、男性300人の結果がどうだったかを、複数回に分けてお届けする。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 今回は、友達にしたい坂道OG調査。20代~40代の男性300人に、「友達にしたい坂道OG」を聞いた。同率を含めて、結果は下記のとおり。

1位 生駒里奈
2位 西野七瀬
3位 若月佑美
4位 橋本奈々未
4位 伊藤寧々
4位 伊藤かりん
4位 柿崎芽実
8位 市來玲奈
9位 長濱ねる
9位 斉藤優里

 1位には知っている坂道OG(/articles/-/70576)に続き、生駒里奈が2冠に輝いた。高校時代、学校に居場所がなく乃木坂46オーディションを受けたというエピソードがドキュメンタリー映画で語られていたが、彼女は乃木坂46という自身が輝ける場所を見つけた。そしてそこでのとびっきりの笑顔、リーダーシップ、親しみやすさがメディアを通じて伝わることで、多くの人に「友達になりたい」と思われるようになった。

 2位は西野七瀬。生駒がグループを率いるリーダーだったとしたら、彼女は卒業するまで間違いなくエースでい続けた。彼女にしたい坂道OG(/articles/-/70577)でも圧倒的な1位だったが、友達でもいいからなりたい男性もかなりの数いたことになる。

 3位は若月佑美。そのマジメさから、ユーモアを身に着けたいと『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でユーモア教室に通った際には、ちょっととぼけた先生から“箸”を使った芸を伝授され、それに対して実に向き合うことによって、自身に「箸くん」キャラを付与するにいたった。マジメも突き抜けるとボケに転化する好例である。そんななんにでもマジメに取り組む性格などが、友達になりたいと思わせる要素でもあるのだろう。

 4位には橋本奈々未、伊藤寧々、伊藤かりん、そして元・日向坂46の柿崎芽実が入った。橋本奈々未は2017年2月にグループを卒業、芸能界を引退しているのにもかかわらずこれまでの過去の調査すべてで5位以内にランクインするという驚異的な結果を残している。

 伊藤寧々は2014年10月にグループを卒業。アンダーライブのセカンドシーズンで彼女の卒業記念公演が開催されたが、実はこれが乃木坂46にとって初めての卒業記念公演だった。メンバー、そしてファンから慕われた彼女の人格がよく分かる挿話だ。

 伊藤かりんはグループの中でも面倒見のいいキャラクターとして知られていた。多くのメンバーと交遊を持ち、一緒に旅行をする際はすべての手配をしてくれるなど、頼られる存在として、卒業後も各メンバーと頻繁にコミュニケーションをとっている模様。そんな頼りがいも、友達として一つの魅力だろう。

 柿崎芽実は2019年8月に日向坂46を卒業。2期生が入るまではグループの最年少だった。冠番組で開花したブリッコの才能は、アイドル好き以外にも広がりつつある最中だった。ひとなつっこい性格は画面を通しても伝わっており、この順位となった。

 8位は日本テレビアナウンサーの市來玲奈、9位は元欅坂46の長濱ねる、10位は斉藤優里となった。斉藤優里は先ごろ放送された『有吉ぃぃeeeee!』(テレビ東京系)でゲームをする姿を披露、話題になった。一緒にゲームをしたい人からの支持を集めた形だ。

 以上、友達にしたい坂道OGをお届けした。

 女性の調査結果はこちら(https://dotanswer.jp/culture/hVnR5)で見られるので、こちらもチェックしてみてほしい。


【調査概要】
調査内容:アイドルに関する調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:20代〜40代男性
サンプル:300ss

【関連記事】

・オードリー若林の心を掴んだ日向坂46金村美玖の「芸人愛」

・欅坂46守屋茜が「坂道」に勝った秘策とは!?

・乃木坂46掛橋沙耶香&金川紗耶がなつかしテレビゲームでバナナマンに完全勝利!!

・乃木坂46初期のMVを担った大御所クリエイターたちの功績【乃木坂46「個人PVという実験場」第1回3/4】

・生駒里奈「ラブラブすぎる」秋元真夏と再会して愛が爆発!