矢口真里
矢口真里

アイドル食堂・第5回 崎陽軒

 アイドルだってメシを食う。そして、地方への主な移動は新幹線だ。その最強のお供といえば、崎陽軒のシウマイである。かのダルビッシュ有だって、この三段論法をツイートしている。今年8月15日の投稿で「崎陽軒に罪はない気がする笑 てか良く新幹線乗るとき買ってたなー。また食べたい」とのたまう、我らがダルビッシュ。

【写真】矢口真里&新垣里沙の新旧モーニング娘。スターが愛を吐露する崎陽軒のシウマイ

 その半月前の7月29日、TOKYO MXテレビの情報番組『5時に夢中!』で、マツコ・デラックスが「NHKから国民を守る党(N国)」を批難。すると、N国の立花代表は激怒し、「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と、8月12日には局に押しかけ、マツコの番組降板を求め、抗議活動を行ったのだ。

 だが、思いつきだけで物を言う、にわか議員の想定通りには事は進展しない。そこでなにを思ったか、立花氏は番組スポンサーである崎陽軒に八つ当たり。不買運動を宣言し、ダルビッシュ他多数の有名人が苦笑混じり、SNSを通じて応戦したのだ。おかげでネット界隈はしばしその話で持ち切り。都内や横浜で、シウマイ弁当の売り切れが続出というオチがついた。

 そんなザ・横浜名物の崎陽軒。昨年には創業110周年、シウマイ生誕からでも90年を迎えた。3月にファンブック「崎陽軒Walker」」も発売されたが、そこに集った有名人も110名と切りがいい。

 横浜出身の女性アイドルといえば、古くは高島礼子斉藤由貴常盤貴子など、最近でも井上真央剛力彩芽と女優は多いのだが、歌手は少なく、AKB系も意外と少ない。しかし、モーニング娘。には矢口真里新垣里沙がいて、両者とも崎陽軒愛をブログ等でふんだんに露にしている。本篇は彼女らも愛するシウマイ(表記も横浜、シュウマイではない)を、N国なんぞの不当な言いがかりから守りたいと思う。

 やはりというか、新垣はちゃっかり件のファンブックにも登場。なんと誌面で工場見学もし、できたてホヤホヤのシウマイを食べる特権に与ってもいる。曰く…「3ヶ月待ちとかでなかなか予約取れないの!(絵文字1ケ)だからほんとにほんとーーーに!!嬉しすぎました(絵文字4連発)」(本人ブログより)。

 新垣は取材時、ついでに崎陽軒の隠し球たるパイナップルケーキも試食。「甘すぎずなのも食べやすくしっとりしていてこんなスウィーツまであったの!!?て驚きでした!」と、もうメロメロだ(事実、そちらも思いがけず旨いのだが…)。

 しかも「普通に食べたくて買ってしまったよね」と、シウマイ弁当がその晩の夕食になったとまで猛烈アピール。文字通り中華まんとシウマイが一体化した、シウマイまんも工場で食べたというのに……。

 矢口も負けてはいない。古くは08年のクリスマスに、「やはり横浜出身者としてはシウマイ弁当自慢です☆」とブログにて食後の報告。11年1月の横浜の情報サイト「はまれぽ」でも、「崎陽軒にはレストランもあって、そこで熱々のシウマイを食べられるのがいいんですよ」とお国自慢が止まらない。そう聞くと、持ち帰り用をチンすればいいだけの話だが、一度は本店で熱々を食べてみたい欲求に駆られる。

 実際、横浜駅には崎陽軒本店ビルが隣接。そこには崎陽軒印の高級中華もイタリアンも入っており、あれこれ試したくなるのも山々。とはいえ、B1の亜利巴″巴″のランチバイキングなど、いつも長蛇の列だ。恐れを成しては、1Fのショップでいつもの弁当類を買って帰る始末である。

 しかし、ハマッ子であろうがなかろうが、このシウマイ弁当を好物に挙げるタレントは多い。一日で約1万7000食が販売され、駅弁界でもモンスタークラス。楽屋弁当としても不動の人気を誇り、フジテレビ『とくダネ!』では、注文ルーティンに常時入っているそうな。

 個人的には、6個入りのポケットシウマイも捨て難い。ぼくは出張時は決まってこれか、気持ち小さめの季節限定弁当を購入する。出張先で早速ご当地グルメを満喫したいが、辿り着くまで空腹で持たないという時、実に重宝するのだ。崎陽軒のシウマイを前におもむろに缶ビールのプルトップを抜くと、旅の開放感もドッと押し寄せてくる。

 こいつをコンビニなどでも買えたらいいなと思うが、「崎陽軒のシウマイを食べたいから横浜に買いに行こう」と思ってもらうため、商品は一切コンビニやスーパーでは販売しないのが同社の主義。開発担当者が「どうしてだ」と上司に詰め寄ってそんな意固地な理由を聞かされ、「それなら俺は会社を辞めてやる!」と退職したほど、横浜名物は困るくらいに頑固一徹なのだ。

 いや、ハマッ子自体がそんなものかもしれない。およそ地方人の集合体である東京人には理不尽なまでの、地元愛を押しつけてくる。そんな面をマツコ・デラックスも感づき、ヨコハマ嫌いを公言するのだろう。不倫騒動もなんのその、相変わらずバラエティでオトボケをかます、矢口の強心臓ぶりを見ると、妙にそこらも納得してしまうのだった。

(取材・文 鈴木隆祐)

【関連記事】

・太田夢莉のNMB48卒業に見る48グループ特有の「人間の成長物語」

・乃木坂46星野みなみの本誌未掲載カット4枚を大公開!【EX大衆1月号】

・日向坂46東村芽依のメンバーをメロメにする謎の「愛され力」

・欅坂46武元唯衣は「教科書のような」リアクション芸で尾関梨香を超える!?

・中田花奈に続き白石麻衣と北野日奈子も!?乃木坂46が「麻雀アイドル軍団」になる日

アイドル食堂