手束真知子
手束真知子

 コンセプトカフェ「発掘!グラドル文化祭」をプロデュースする手束真知子がDVD『待ちこがれて』(グラッソ)を発売。10月27日にソフマップサブカル・モバイル館で開催されたイベントで、オススメのシーンを語った。

【写真】手束真知子「体を洗うシーン」セクシーなので見てほしい【写真39枚】

 手束真知子名義では2枚目になります。今年の6月に千葉の館山で撮りました。なんかハワイアンチックなリゾートホテルです。「待ちこがれて」ってテーマに沿って好きな人と「行こ」って言ってたホテルに、一緒に行けなかったから一人で妄想しながら行ってるよ、みたいなシーンをたくさん詰め込んでます。

 表紙にもなってるし、温泉に入ってるシーンがとても一番オススメになってます。(温泉は)大好きです。1カ月に1回くらい温泉行ったりとか、あと銭湯とかも大好きなので、銭湯とかも今日行くくらいな。お店の女の子とも行きますし、両親を誘ったりとか、プライベートで一人でも行ったりもするくらい温泉大好きなので、絶対これがいいって決めてたので、今回ほんと温泉の表紙っていうのが、念願かなってとてもうれしいです。

 温泉のシーンは外で露天風呂と、あとは内風呂で体を洗ったりするシーンと2つあるんですけど、体を洗ってるシーンがとてもセクシーになってるので、ぜひ見てほしいです。

 あとが一番最後のシーンで下着姿でベッドでゴロゴロしてるんですけど、表情をファンの方にすごく褒められたくらい、普段の私とは違う表情になってるので、とてもオススメなシーンとなってます。

 苦労したシーンは、プールサイドでツインテールをしてキャピキャピ水をかけ合ったりするシーンがあるんですけど、もう33歳なので、ちょっとキャピキャピはもう辛いなって。お店ではするんですけど、(プライベートでは)しないですね。やっぱもうキャピキャピじゃないんだなってすごく思ったので、見納めのシーンとなってます。普段キャピキャピ系でもないので、そこまで自分のテンションを持ってくのが大変で、ちょっと照れながらやりました。

 セクシーなのはお風呂のシーンもそうなんだけど、教会の中の網タイツのシーンがものすごくセクシーな、かっこいい系のセクシーなシーンになってます。

 お気に入りのシーン。そうですね、一番はやっぱりお風呂のシーンなんですけど、二番目が教会で、三番目が、和室の布団と浴衣のシーンもとてもセクシーになっていて、浴衣の中にちょっとミスマッチなテカテカした黒いボンデージ風の水着を着てるんですよ。そこがものすごいテカテカ具合がよくて、帯で体のいろんなとこを締め付けたりとかしてるので、そこもオススメです。

(点数は)98点です。あと2店は、キャピキャピがちょっとキツかったっていう。でもほとんど100点です。

 今着てるのは(イベントの)2着目の水着なんですけど、1着目は例のセーターをそのまま着まして、2着目はファンの方が見たことない、私の初下ろしの水着でってことで、明るいけどちょっとセクシーな、強めにも見えるような、いろんな顔を持ってる水着を選びました。

PROFILE

手束真知子(てづかまちこ)

1986年2月25日生まれ、兵庫県出身。

T155・B91W58H84

【関連記事】

・藤堂さやか「ハレンチな服で」妻子持ちと不倫旅行!?【写真36枚】

・永尾まりや「恥ずかしい姿」でインリンの後継者宣言!【写真18枚】

・安位薫「超ハイレグV字下着」はポロリしまくり!【写真22枚】

・朝比奈祐未「極小ビキニ姿」限界露出で大サービス!【写真39枚】

・堀尾実咲「シャツの下は着てないの」危ない撮影に挑戦【写真42枚】

・戸田れい「“現役ナンバー1美尻”の声も!」圧巻の尻推しショット