“元ギャル”“現黒髪清純派”谷かえ「保健室の先生になる勉強をしてました」【7/8】【写真29枚】の画像
谷かえ

谷かえ独占インタビュー7/8

 いまは黒髪の王道グラビアアイドルとして活動する、元ギャルの谷かえ。なかなかに濃いキャラクターを持つ彼女に鋭く切り込んだ連続インタビューを8回に分けてお届け!

【写真】“元ギャル”“現黒髪清純派”谷かえ「保健室の先生になる勉強をしてました」【7/8】【写真29枚】

――現役女子大生もウリだったはずですが、あ、やめたんですね(笑)。

 今年の3月で。やめるならいまだなと思って……。全然行けてなかったんで、時間ももったいないし、お金ももったいないし。

――仕事を優先にやっていこうと。ちなみに学校ではなんの勉強を?

 教育学部でした。

――そっちの勉強は元々したかったんですか?

 やりたかったです。保健室の先生になりたくて。免許があって、それを取ろうと思って、大学に行ったんですけど……。難しくて、これはなれないなあって思って。倍率がすごく高くて。

――このまま通っても、保健室の先生になれる望みは低いかなと(笑)。

 そうなんです。そんな頭のいいほうじゃなかったっていうのもあるんですけど(笑)。

――飽きっぽい性格ということで、この仕事に早々に飽きるなんてことはないですよね(笑)。

 そうですね。この仕事は飽きることはないかなあと思ってるんですけど(笑)。やっぱり、同じことはやらないし、毎回違うから新鮮で。

――それが魅力だし、大事ですよね。

――いずれはDVDとかで保健の先生の役とかをやるというのも……(笑)。

 一回、DVDではなかったんですけど、CSの番組でやったんです。そのときは現役大学生のときに(笑)。

――飽きっぽいというのは昔から?

 そうですね。習い事もすごくやってたんです。ピアノ、そろばん、水泳、トランポリン、英会話、バレエ、あと、なんかやってたっけ……。

――それら全部、飽きっぽくて短期間で終わってしまった感じ?

 ピアノ、英会話、そろばん、プールの4つは幼稚園から小3までやってて。子供のときだったから、日曜かしか休みなかったんですけど。学校終わってすぐ行くって感じで。

――その当時は真面目に。

 そうなんですよ。もう全部予定が詰まってて。ママが考えてやらせてくれてたんですけど、小3ぐらいになって急に、「遊ぶのも大事だ」って全部ママがやめさせちゃって。

――自分からやめたんではなくて?

 そうなんです。あの頃はなにもツライとかはなかったんですけど、急に。なんか一個でも残してくれてたらよかったのにーって(笑)。

――では、どれもそこそここなせる感じ?

 ピアノは……、弾けない(笑)。そろばんも全然できない。そろばん教室によくワンちゃんが遊びに来てて、ずっと遊んでましたね。水泳もセンスなくて、次の段階に行くたびに帽子の色が変わっていくんですけど、私だけ平泳ぎだけで止まっちゃって、みんな先に行っちゃって、気づいたら知らない子ばっかりと泳いでて。ずっと水色帽子だったのを覚えてます(笑)。英会話も、一瞬だったんでできないです。

――一応英会話に4年ぐらいは通ったんですよね(笑)。

 全然覚えられなくて、ママに「あそこは覚えられないよー」って。そのうちなくなっちゃって、「やっぱりあそこは変だったんだね」って(笑)。自分の中では一瞬な感じで終わりましたね。あ、あと、公文も行ってました。

(取材・文 織田祐二)

PROFILE

谷かえ(たにかえ)

1998年3月19日生まれ、東京都出身

T157・B88W58H90

趣味/映画鑑賞、ダーツ、カラオケ

特技/何時間でも寝続けられます

【関連記事】

・未梨一花「ぷりっぷり」弾けるボディは生命力満点!【写真15枚】

・西原愛夏「現役歯科衛生士」のお嬢様が限界露出!【写真11枚】

・徳江かな「安産型ボディ」は“ヒップ派”を唸らせるボリューム感!【写真11枚】

・NMB48横野すみれが『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場! 【写真8枚】

・鈴音ひとみ「年間200本のライブ出演シンガーソングライターアイドル」が子供の頃からアイドルに憧れ、音楽の道を選ぶまで【1/7】【写真34枚】

・【未梨一花】東京Lily×EXwebコラボ企画優秀作品発表!【写真5枚】