西野七瀬
※西野七瀬/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/57853)より抜粋

 今回、EXwebでは、調査メディア、ドットアンサーと共同で、坂道卒業生に関する調査を男女600人に敢行。特にアイドル好きに絞って聞いたわけではなく、一般における認識を調査した。本サイトでは、男性300人の結果がどうだったかを、複数回に分けてお届けする。

他の水着記事を読む

https://dotanswer.jp/

 今回は、歌や踊りが上手い坂道OG調査。20代~40代の男性300人に、「歌や踊りが上手い坂道OG」を聞いた。同率を含めて、結果は下記のとおり。

1位 西野七瀬
2位 市來玲奈
2位 川村真洋
2位 桜井玲香
5位 若月佑美
5位 橋本奈々未

 1位は「好きな」(/articles/-/70574)、「彼女にしたい」(/articles/-/70576)、でも1位だった西野七瀬となった。グループ在籍時はダンスが目立つメンバーというわけではなかったが、多くのソロ曲も持ち、卒業コンサートでもひとりで歌う姿などが記憶に残っている結果かもしれない。

 2位には3人が入った。現・日本テレビアナウンサーの市來玲奈はグループに入る前から競技ダンスをしており、日本選手権でも上位に入るなど本格派。卒業してからも『中居正広の金曜日のスマたちへ』で競技ダンスに打ち込む姿が放送されるなど、ダンスのイメージが浸透している。

 同じく2位の川村真洋は乃木坂46を卒業するまでグループの中でのきってのダンスメンとして知られた存在だった。このランキングで上位に食い込むのも納得だろう。もうひとりの2位はキャプテンを務めた桜井玲香。MCなどではポンコツキャラだったが、こうしてみると、歌とダンスのパフォーマンスでもしっかりと評価されていたことが分かる。

 5位には同率で若月佑美と橋本奈々未が入った。若月はなんにでも真面目に取り込むことがキャラにまで昇華された稀有な存在。アイドルの本分である歌とダンスにも真面目に取り組んでいたことが評価される結果となった。橋本奈々未は卒業後に表舞台に出ていないのにこのランキングでは上位常連組となっている。『サヨナラの意味』でセンターを務めた経験もある実力派だ。

 以上、歌や踊りが上手い坂道OGをお届けした。

 女性の調査結果はこちら(https://dotanswer.jp/culture/1Q8fj)で見られるので、こちらもチェックしてみてほしい。

【調査概要】
調査内容:アイドルに関する調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:20代〜40代男性
サンプル:300ss

【関連記事】

・AKB48高橋朱里&村山彩希は4位、1位の“神ボディ”は誰!?「誌面未掲載カット」2019年の人気ランキング

・大原優乃が表紙&グラビアに登場!クリアファイルとポスターつき【EX大衆2月号】は1月15日発売!

・5位は桜井玲香、4位は深川麻衣「彼女にしたい坂道OG」1位はやはりアノ人!!

・今泉佑唯「ボディーラインがくっきり!」妖艶ドレスでオトナの女性に

・永尾まりや「胸元から谷間がザックリ」海外で開放的に!