小上がりまである店内は広く、外国人も含めた多くの従業員が、昼夜となく忙しく働いている。目の前には早大理工学部、隣には都立戸山高校や学習院女子大があり、学生や教授なども愛用する。夜に訪れると、ゼミコンパらしい光景が繰り広げられていた。

【写真】上白石姉妹が家族ぐるみで付き合う西早稲田の名店の看板料理は肉じゃが

 どうも店のママと萌音の母は前から知り合いで、息子の現店長によれば、「今もなお、家族でひょっこり現れる」んだそうだ。姉とは同じ事務所に所属し、揃ってオーディションに合格した(※1)、妹の萌歌もNHK大河の『いだてん』にも出演。今や大ブレイク中だが、まだ幼い姉妹が両親と揃って収まったスナップが、現在の萌音のブロマイドやサインとともに店内に飾られてもいる。

 さて、一家のひまわりでのお目当ても、店の名物である肉じゃが。店長はしかし、「作り方はごく普通なんです」と語る。丸々とした巨大なジャガイモが1個、半分ずつ綺麗にカットされて器を埋め尽くしているのに、一切煮崩れていない。なのに、味はほどよく沁みている。これは超一流の仕事だ!

 聞けば、すべて北海道産のメイクイーンを使用し、働く人のニーズに合わせ、味付けも濃いめ、甘めに仕上げているとか。萌音は中学まで鹿児島で育った、生粋の薩摩おごじょだ。NHK大河『西郷どん』への出演も当然だった(※2)。妹ほどではないが、芯の強そうな九州女らしい濃い顔つきもしている。だが、醤油は甘くて濃厚でも、九州の味付けは決して濃くはなく、ともかく素材を活かす。ミュージカルに声優にと、変幻自在な活躍を見せる萌音にも同じ印象を受ける。

【関連記事】

・AKB48馬嘉伶、服部有菜、下尾みうの本誌未掲載カット7枚を大公開!【EX大衆2月号】

・AKB48高橋朱里&村山彩希は4位、1位の“神ボディ”は誰!?「誌面未掲載カット」2019年の人気ランキング

・大原優乃が表紙&グラビアに登場!クリアファイルとポスターつき【EX大衆2月号】は1月15日発売!

・AKB48チーム8太田奈緒「SHOWROOM」「写真集」「舞台」で縦横無尽に活動しグループを卒業!

・現役アイドル前田美里が坂道シリーズの『NHK紅白歌合戦』を語り尽くす!【写真28枚】