「どこで水着になってるんだよ!」と思わずツッコミを入れてる自分がいたりもするが、ただ、そこが逆にいい。見慣れたシチュエーションならぬ、場違いな空間でのビキニ姿は妙にスリリングで、興奮を覚えさせられる。しかもビキニも紐ビキニだ。脇見せ、胸や下半身への寄りのショットもいくつもあり、そりゃ手ブレの一つや二つあって当然。プロのカメラマンを手ブレさせるぐらい彼女のボディからは熱量が放たれているのだ。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 熱量といえば、天候やシチュエーション(屋内ショットも絵的に暗め)を考えると「タイトルに偽りアリ!?」といった評価もあるようだが、終始にこやかで楽しそうな彼女を見ている限り熱量は十分に感じられ、伝わってくる。後半のチャプター、海でのビキニ姿は、満面の笑顔からお馴染みの静かな微笑まで随所に見せつつも、寄りがやや少ないせいか不満が残るものの、知る人ぞ知る左脇のホクロをしっかり確認することができるという意味では十分及第点(服の隙間からちょいと見るのと、ビキニ姿の肌の露出で見るのでは印象が全然違う)。

 そうして、地元の子供たちと走りながら見せてくれる“揺れ”で、マイナス面も一気にチャラ、しっかり溜飲を下げられることに……。この内容で、実に2000円以下。「それでも不満アリ(ありそう)」「コスパに合わないんじゃ?」などというのであれば、グラビア好きでなんだかんだ仕事歴27年の芸能ライターとしてはもうなにも言うことはありません(苦笑)。

(文・織田祐二)

 

【関連記事】

・浜辺美波、桜井日奈子、宇垣美里…人気のバロメーター⁉「一日警察署長」を務めたアイドルたち

・“元ギャル”“現黒髪清純派”谷かえ「CYBERJAPAN DANCERSを見てグラビアいいなあって思いました」【1/8】【写真29枚】

・上戸彩の納豆、ほしのあきの牛乳、平山あやのキャベツ他「巨乳になる食材」ナンバーワンは何⁉

・えなこ、伊織いお、紗雪…コスプレ兼グラビアの人気アイドルたち

・岸明日香「レジェンド&ナンバーワングラドル」グラビア撮影が体系維持の秘訣!【独占告白1/7】

アイドルイメージDVD名作図鑑