そのままMCを引き継いだ上西、梅山、渋谷、山本は、今回のコンサートタイトルにちなんで「10年前の“○○”至上主義」を発表。上西は「ゲーム至上主義」と答えて、兄とゲーム機を取り合って壊してしまい、父親に叱られたというエピソードを語ると、梅山は「おままごと至上主義」と回答。いつも犬か赤ちゃん役だったという告白に会場の雰囲気が和んだ。ちなみに渋谷は前髪をムースで固める「M字バンク至上主義」、山本は木登りや自転車でいろんなところに行っていたという理由で「運動至上主義」と答えた。

【写真】NMB48「選抜メンバーコンサート~10年目もライブ至上主義~」を開催【写真5枚】

 逆に“10年後はどうなっているか?”という話題にもなったが、渋谷から「23歳って大人なイメージやったんですけど、なってみたらそうでもない。人間っていくつになっても大人になりきれへん」という名言が飛び出した。

 トークで和んだ後は、梅山が「次のコーナーではある共通点のある曲が歌われます。ライブを楽しみながら共通点を探してください」と紹介して、まずは吉田がソロで『僕は愛されてはいない』を歌唱。ステージの上段にコートにマフラーを巻いた姿で登場したが、階段を降りるとコートを、ソファに座るとシャツも脱ぐと女性ファンからも大きな歓声が上がった。

【関連記事】

・AKB48グループ初、劇場公演のVRライブ配信を「LiVR」で2月3日に提供開始【写真14枚】

・2020年「AKB48グループ成人式」に総勢42名が登場!【写真14枚】

・AKB48高橋朱里&村山彩希は4位、1位の“神ボディ”は誰!?「誌面未掲載カット」2019年の人気ランキング

・大原優乃が表紙&グラビアに登場!クリアファイルとポスターつき【EX大衆2月号】は1月15日発売!

・SKE48野々垣美希が卒業!「須田亜香里オタク」を貫いたアイドル人生