圧倒感のあるパフォーマンスの最後には、小栗扮するコレ・オグリ・ファーYuiYuiとして、小栗自身が振り付けを考えた『抱きしめちゃいけない』を披露。それぞれ小栗の“新たな魅力”を存分に披露した。

【写真】AKB48小栗有以単独公演「美脚ダンス」で新たな魅力を発揮!【写真11枚】

 先生からは、「甘さというか、緩みを感じないというか、しっかりと何かに向かって生きてるなというのが一瞬で伝わりました」(Ruu)、「最初に感じたのは純粋に受け入れる素直さ。努力したんだと思う。伝わりますよ」(辻本)、「誰よりも懸命に、強く、努力を惜しまず、表現ができる子、⻘い炎のような女性だなと思いました。」(Seishiro)などのお言葉をいただき、小栗は「最初はうまくできない自分にすごく悔しくて……というのがあったんですけど、いっぱいご指導いただいて本当に勉強になったし、これまで知らなかったというか、気づけなかったこととかもいっぱい気づいて、この挑戦をしてよかったなと思いました」と、改めて先生方に感謝の気持ちを述べた。

 本編最後はピアニストmakiによる演奏で、ファンに感謝の気持ちを込めて『アリガトウ』をしっとりと歌い上げた。

 アンコール明けは、チーム8楽曲で会場をさらにヒートアップさせ、「あっという間に6年が経つんですけど、総監督のみーおんさん(向井地美音)がメンバーそれぞれにアイドルとしての物語があるって言っていて、私も自分が納得するまで『小栗有以のアイドル物語』って本が1冊できるくらい物語を作っていきたいな!と思いました。

【関連記事】

・NGT48中井りか、三村妃乃、古舘葵、安藤千伽奈、小越春花が富山県地域発信型映画に出演決定!【写真7枚】

・NGT48が中井りか、荻野由佳ほか選抜メンバー16名でコンサートを開催!【写真13枚】

・AKB48グループ初、劇場公演のVRライブ配信を「LiVR」で2月3日に提供開始【写真14枚】

・2020年「AKB48グループ成人式」に総勢42名が登場!【写真14枚】

・SKE48野々垣美希が卒業!「須田亜香里オタク」を貫いたアイドル人生