念のため触れておくと、彼女はグラドルの名門事務所の所属であり、当時は、若槻千夏岩佐真悠子愛川ゆず季相澤仁美らに続く期待の存在。ギャル的な風貌と88センチを有する巨乳ボディは、事務所の先輩の魅力をバランスよく融合させた究極の形ともいえ、その登場はかなりなセンセーショナルなものだった。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 冒頭からとにかくビキニ、ビキニ、ビキニ。彼女ならではのカラッとした性格のせいもあるのだろうが、新人にありがちな見せ惜しみというのが一切ない。

 最初のチャプターからベッドの上の彼女のボディを、上に下に接写で舐めるように撮っていく。ピンクのビキニと、白色の長い付け爪がなんとも煽情的。

 その後も、浜辺での戯れ、コテージの庭でのリラックスした姿、プールに浸かるシーンなど(チャプターによって、はじめはノースリーブなどで登場してもビキニ姿の見せ場を作る。もしくはガーターストッキング着用、黒いリボンでボンレスハム状に美脚をフィーチャー、下半身ズームなど、ビキニと同等、それ以上のセクシーな視覚効果を披露)、総じてじっくり撮っているというのが印象的。

【関連記事】

・ゆきぽよ「ここまで出す!?」攻めに攻めたハイレグ水着に挑戦!【写真7枚】

・小倉優香、武田玲奈、菜乃花、佐山彩香ほか“ラストグラビア宣言”それぞれの事情

・倉持由香「結婚を考え始めたのは『週刊プレイボーイ』表紙の直後⁉」独占告白1/10【写真45枚】

・優木まおみ、ちとせよしの…10年の時を経て「有吉弘行にイジられる」佐賀県出身グラドル

・祝2020年子年!北野日奈子、飯窪春菜、高瀬愛奈ほかハムスター大好きアイドルたち

・巨乳、爆乳、美乳、微乳に続く“〇〇乳”で2020年に一般化するのは⁉