伊織いお
※伊織いお/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/71719)より抜粋

 グラドルがブレイクするキッカケは様々あるが、昨今そのルートとして注目されているのが、撮影会だ。ファンの評判がさらなる評判を呼び、毎回行列ができるほどの人気を博し、いつしかトップ・グラドルの仲間入りを果たすというシンデレラストーリー。

【人気記事】東雲うみ「DVDを出すんだったら絶対ランキング1位獲りたかったので、”たくさんファンをつけないとヤバいぞ“と思って」【独占告白6/9】【画像61枚】

 最近では、撮影会での人気を基にツイッターのフォロワー数を1か月で5千人増やしたと言われる伊織いお、ここにきて“行列のできるタピオカ乳”のフレーズで俄然支持を集める桜木美涼、同じく‶即・満枠”でニュー撮影会クイーンまっしぐらの名取くるみなどが話題だが、今回はそんな“撮影会ブレイク”の歴史、ひいては“え、あの子も撮影会に出演していた!?”といった意外なお話を紐解いてみることに。

 撮影会自体の歴史は古い。美少女を撮影するものは80年代、いや、その前からあったとも。

「60年代の古い邦画で、そういうシーンが出てくるものもありますからね。ただ、いわゆるアイドルに特化したものとなると80年代後半あたり、それなりに知名度を誇る子のものとなると、90年代後半ぐらいになるのではないでしょうか。黎明期の頃は、有名カメラマンを講師に迎えた写真塾、カメラ雑誌が主催になったものなど、どこか仰々しいスタイルのものも多くありました(笑)」(芸能ライター・ニイゼキユウジ氏)

【関連記事】

・綾瀬はるか「女優大ブレイク」前の下積み時代のDVDはタイトル通り揺れまくり!!

・小倉優香、武田玲奈、菜乃花、佐山彩香ほか“ラストグラビア宣言”それぞれの事情

・倉持由香「結婚を考え始めたのは『週刊プレイボーイ』表紙の直後⁉」独占告白1/10【写真45枚】

・優木まおみ、ちとせよしの…10年の時を経て「有吉弘行にイジられる」佐賀県出身グラドル

・祝2020年子年!北野日奈子、飯窪春菜、高瀬愛奈ほかハムスター大好きアイドルたち